スポンサード リンク

インストール/2.5.7

注意

このページには、古いバージョンの AviSynth のインストールに関する情報が掲載されています。より新しいバージョンのインストールに関する情報は、インストールを参照してください。

はじめに

このページでは、AviSynth をインストールする手順を説明します。説明に使用しているバージョンは、AviSynth 2.5.7 です。

AviSynth のインストール手順

1. インストーラの起動

AviSynth_257.exe*1 をダブルクリックします。すると、インストーラが起動し、AviSynth のセットアップが開始されます。

2. ライセンスへの同意

AviSynth は、GNU General Public License(GPL) Version2 のもとで配布されています。AviSynth をインストールして使用するためには、GPL への同意が必要となります。ライセンスの内容を読んで、その内容に同意した場合は、[I Agree] をクリックしてインストールを続行してください。[Cancel] をクリックすると、インストールが中止されます。

3. コンポーネントの選択

インストールするコンポーネント(構成要素)を選択します。

  • Standard: 標準インストール。
  • Minimal: 最小構成インストール。
  • Custom: カスタムインストール。

AviSynth のインストーラでは、あらかじめ上記の 3 つのインストールタイプが用意されています。プルダウンメニューから選択することで、インストール構成を切り替えることができます。

またインストールするコンポーネントを個別に指定することもできます。インストールしたい項目のチェックボックスをオンにすると、そのコンポーネントがインストールされます。Standard または Minimal に含まれない項目を選択すると、インストールタイプは自動的に Custom に切り替わります。

選択可能なコンポーネントの種類とその中身については、下記のとおりです。

AviSynth Base(required)

AviSynth 本体(avisynth.dll)、および、その他の重要なファイル。必須(required)。

Documentation

AviSynth のマニュアルです。Standard では、英語(English Documentation)のみインストールされます。Minimal では、いずれのマニュアルもインストールされません。AviSynth 2.5.7 現在、英語、ドイツ語(German)、フランス語(French)、イタリア語(Italian)、ポルトガル語(Portugese)、ロシア語(Russian)の各マニュアルが含まれています。日本語のマニュアルはまだありませんが、現在、翻訳プロジェクトにおいて翻訳作業を進めています。将来的には、インストーラに同梱されるかもしれません。

Select Association

関連付けの選択を行います。選択できる項目は、以下の通りです。

  • Associate AVS with Notepad (open)
    • AVS ファイルをメモ帳に関連付けします。ファイルメニューか右クリックメニューの「開く」から、選択した AVS/AVSI*2 ファイルをメモ帳で開くことができるようになります。
  • Associate AVS with Media Player 6.4 (play)
    • AVS ファイルを Windows Media Player 6.4(mplayer2.exe)*3に関連付けします。ファイルメニューか右クリックメニューの「play」から、選択した AVS ファイルを mplayer2.exe で開くことができるようになります。
  • Add AviSynth Script to New Items menu
    • 新規作成メニューに AviSynth Script を追加します。

Associate AVS with Notepad (open) と Associate AVS with Media Player 6.4 (play) を有効にした場合、ファイルメニューか右クリック(コンテキスト)メニューで、「開く」ならメモ帳、「play」なら mplayer2.exe で、それぞれ AVS ファイルを開くことができるようになります。

Add AviSynth Script to New Items menu を有効にした場合、ファイルメニューか右クリック(コンテキスト)メニューの新規作成に「AviSynth Script」という項目が追加されます。これを選択すると、空の AVS ファイルが生成されます。

Select Extra Files

追加ファイルをインストールするかどうかを選択します。

  • Install FilterSDK
    • これを有効にすると、AviSynth をインストールしたディレクトリに FilterSDK フォルダが作成され、フィルタ/プラグイン開発用のキット*4。がインストールされます。キットには、フィルタ開発のためのマニュアルとヘッダファイル(avisynth.h と avisynth_c.h*5)が含まれます。
  • Install Avisynth.lib and Avisynth.exp
    • これを有効にすると、AviSynth をインストールしたディレクトリに Extra フォルダが作成され、C 言語インターフェイスを使った開発を行うためのエクスポートファイル(avisynth.exp)とライブラリファイル(avisynth.lib)*6がインストールされます。
  • Install Avisynth.map
    • これを有効にすると、AviSynth をインストールしたディレクトリに Extra フォルダが作成され、map ファイル*7(avisynth.map)がインストールされます。map ファイルには、コンパイル時にリンカ*8によってリンクされた関数とオブジェクトファイル(.obj)*9、そしてそのアドレスなどの情報が含まれています。たとえば、AviSynth が元でクラッシュが発生した場合に、その原因を特定するための参考になります*10

4.インストール場所の選択

インストール先のフォルダを指定します。

デフォルトでは、「C:\Program Files\AviSynth 2.5」にインストールされるように設定されています。とくに問題がなければ、このまま [Install] をクリックしてください。

別のフォルダにインストールしたいときは、[Browse...] をクリックして、インストール先を指定し直してください。

5.インストール

インストール実行中です。そのまま、しばらくお待ち下さい。

6.インストール完了

インストールが完了しました。[Finish] をクリックすると、セットアップ画面が閉じます。

手動インストール

2.0.5 以前の AviSynth には、インストーラが付属していません。インストーラがない場合のインストール方法は、手動インストールを参照してください。


*1 257 の部分は、ダウンロードした AviSynth のバージョンによって異なります。
*2 オートローディング用の AviSynth スクリプトファイルの拡張子。オートローディングについては、プラグインのオートローディングを参照。
*3 Windows Media Player 6.4(mplayer2.exe)は、C:\Program Files\Windows Media Player\mplayer2.exe にあります。
*4 SDK は、Software Development Kit(ソフトウェア開発キット)の略です。参考: SDKとは 【Software Development Kit】 - 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words
*5 C 言語用。
*6 参考: [MSVC] Visual C++ が使用するファイルの拡張子
*7 参考: [MSVC] Visual C++ が使用するファイルの拡張子Excite エキサイト 辞書 : 英和辞書 : map
*8 参考: リンカとは 【linker】 - 意味・解説 : IT用語辞典 e-Wordsリンケージエディタ - Wikipedia
*9 参考: オブジェクトファイル - Wikipediaオブジェクトコードとは 【object code】 - 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words
*10 参考: エラー表示されるメッセージにアドレスを使って、コードでどこで発生する特定する方法不正な処理を行ったモジュールのに対する対応処置例外発生モジュールの特定

最終更新日時: 2008-10-13 (月) 23:22:19

スポンサード リンク