スポンサード リンク

サンプルスクリプト/フェードアウト

今日の献立

映像効果の 1 つにフェードアウトがあります。フェードアウトとは、黒一色(または他の単一色)の画面から、次第に別の画面が浮き上がってくるような効果のことです。今回は、サンプル動画(example.avi)をソースとして、これをフェードアウトさせてみましょう。

材料

作り方

  1. AviSource フィルタで example.avi を開きます。下の画像は、example.avi の各フレームを縮小し、左から順番に並べたものです。
    # ソースの読み込み
    AviSource("example.avi")
    
  2. FadeOut フィルタを適用します。括弧内の数値は、フェードアウトの対象となるフレーム数です。つまり下記の例では、2 フレームをフェードアウトの対象に指定したことになります。
    # フェードアウト
    FadeOut(2) # 終端の 2 フレームがフェードアウトの対象
    
    FadeOut フィルタを使うと、先頭に真っ黒なフレームが 1 フレーム追加されます。つまり、クリップのフレーム総数が 1 増加します。
  3. 完成したスクリプトは、以下のとおりです:
    # ソースの読み込み
    AviSource("example.avi")
    # フェードアウト
    FadeOut(2) # 終端の 2 フレームがフェードアウトの対象
    

ひとくちメモ: FadeOut/FadeOut2/FadeOut0の違い

フェードアウト効果を与えるフィルタには、FadeOut/FadeOut2/FadeOut0 の 3 つがあります。これらのフィルタの違いは、クリップの終端に追加される真っ黒([R,G,B]=[0,0,0])なフレームの数です。追加されるフレーム数はそれぞれ、FadeOut は 1 フレーム、FadeOut2 なら 2 フレーム、FadeOut0 なら 0 フレームです。

  • FadeOutの場合:
  • FadeOut2の場合:
  • FadeOut0の場合:

FadeOut2 で 2 フレームの真っ黒なフレームが追加されるのは、Windows Media Player において MPEG ファイルの最終フレームが再生されない現象を回避するためです*1。上のサンプル画像ではわかりにくいですが、FadeOut0 の最終フレームが真っ黒ではないという点にも注意してください。

関連レシピ


*1 FadeOut2 はこのためだけに追加されたフィルタであるとされています。Fade - avisynth.nl より。

最終更新日時: 2014-03-12 (水) 23:53:39

スポンサード リンク