スポンサード リンク

サンプルスクリプト/数値を文字列に変換する

今日の献立

今回は、整数(int 型)や小数(float 型)を文字列(string 型)に変換し、その結果を Subtitle フィルタを使ってクリップ上に表示してみましょう。文字列への変換には、AviSynth に内蔵されている String 関数を使用します。

材料

  • String(AviSynth 内蔵関数)
  • FrameRate(AviSynth 内蔵関数)
  • AviSource(AviSynth 内蔵フィルタ)
    • 他のビデオ入力フィルタでもよい。
  • Subtitle(AviSynth 内蔵フィルタ)

作り方

  1. ビデオクリップを開きます。
    AviSource("C:\Path\example.avi")
    
  2. FrameRate 関数を使って、ビデオクリップのフレームレートを取得し、変数 fps に代入します。FrameRate の引数が省略されているため、直前に処理されたクリップに適用される特別な変数 last が使われます。
    fps = FrameRate() # 「fps = FrameRate(last)」と同じ
    
  3. FrameRate 関数の戻り値は小数であるため、このままでは Subtitle で表示することができません。そこで、String 関数を使って、変数 fps を string 型(文字列型)に変換し、変数 fps_string に代入します。
    fps_string = String(fps)
    
  4. あとは、fps_string を Subtitle フィルタの引数に指定すれば、できあがりです。
    Subtitle("FrameRate: " + fps_string + " fps")
    
  5. できあがったスクリプトは、以下のとおりです。
    # ビデオクリップを開く
    AviSource("D:\AviSynth\test\example.avi")
    
    # フレームレートを変数fpsに代入
    fps = FrameRate() # 「fps = FrameRate(last)」と同じ
    
    # fpsを文字列型に変換して変数fps_stringに代入
    fps_string = String(fps)
    
    # fps_stringをSubtitleで表示
    Subtitle("FrameRate: " + fps_string + " fps")
    

関連レシピ

  • サンプルスクリプト/総フレーム数の取得
  • サンプルスクリプト/クリップの情報を表示する
  • サンプルスクリプト/クリップの総時間を算出する
最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:51:20

スポンサード リンク