スポンサード リンク

サンプルスクリプト/絶対値を求める

今日の献立

絶対値を求めるには、Abs 関数を使用します。Abs 関数の引数には、整数か小数を指定することができます。

今回は、いくつかの数の絶対値を求めて、その結果を Subtitle フィルタで表示するスクリプトを作ってみましょう。

材料

  • Abs(AviSynth 内蔵関数)
  • BlankClip(AviSynth 内蔵フィルタ)
  • Subtitle(AviSynth 内蔵フィルタ)

作り方

  1. 正の整数、負の整数、正の小数、負の小数、0 の 5 つの数字の絶対値を求め、それぞれを a から e までの変数に代入します。
    # 5つの数の絶対値を求めて変数に代入
    a = Abs(1)
    b = Abs(-1)
    c = Abs(3.14)
    d = Abs(-3.14)
    e = Abs(0)
    
  2. 結果を表示するために、BlankClip フィルタで空のクリップを生成します。
    # 空のクリップを生成
    BlankClip(width = 160, height = 120)
    
  3. 変数 a 〜 e を Subtitle フィルタを使って表示します。変数 a 〜 e は数値型であるため、このままでは、Subtitle フィルタの引数に使うことができません。そこで、String 関数を使って、これらの変数を string(文字列)型に変換しています。
    # 絶対値の表示
    Subtitle("a: " + String(a))
    Subtitle("b: " + String(b), y = 16)
    Subtitle("c: " + String(c), y = 32)
    Subtitle("d: " + String(d), y = 48)
    Subtitle("e: " + String(e), y = 64)
    
  4. できあがったスクリプトは、以下のとおりです。画像は、VirtualDub で開いたところ。
    # 5つの数の絶対値を求めて変数に代入
    a = Abs(1)
    b = Abs(-1)
    c = Abs(3.14)
    d = Abs(-3.14)
    e = Abs(0)
    
    # 空のクリップを生成
    BlankClip(width = 160, height = 120)
    
    # 絶対値の表示
    Subtitle("a: " + String(a))
    Subtitle("b: " + String(b), y = 16)
    Subtitle("c: " + String(c), y = 32)
    Subtitle("d: " + String(d), y = 48)
    Subtitle("e: " + String(e), y = 64)
    

関連レシピ

  • ありません。
最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:51:22

スポンサード リンク