スポンサード リンク

サンプルスクリプト/AVIファイルを開く

今日の献立

AVI ファイルを開くには、通常*1、AviSource フィルタを使用します。今回は、AviSource フィルタを使って、サンプル動画(example.avi)を開いてみることにします。

材料

  • AviSource(AviSynth 内蔵フィルタ)

作り方

  1. AviSource フィルタの第 1 引数に、AVI ファイルのパスを記述します。
    AviSource("D:\Source\example.avi")
    
  2. AVS ファイルを開いてみましょう。下の図にように表示されれば成功です。もし表示されない場合は、パスが間違っていないか、誤字脱字がないかを確認してください。
  3. AviSource フィルタでは、いくつかのオプションを指定することもできます。詳しくは、AviSource をご覧下さい。

ひとくちメモ: ファイルのパス入力の手間を省く

AviSynth は GUI を持たないため、ファイルのパスを指定するにも、毎回、手動で入力する必要があります。しかし、たとえば、PathCopyEx のようなツールを利用すれば、この手間を減らすことができるでしょう。

PathCopyEx をインストールすると、コンテキストメニューに「Copy Path To Clipboard」という項目が追加されます。これを選択すると、ファイルのパスがクリップボードにコピーされます。

PathCopyEx と同種のツール(ファイルのパスをクリップボードにコピーする)は、ほかにも多数存在するようです。このほか、ソースファイルを開く手間を減らすことができるツールとして、VirtualDubMod の テンプレート(Template)や AviSynth Script エクスポートなどがあります。

関連レシピ

  • ありません。

*1 AVI ファイルの種類によっては、デコーダのインストールが必要です。また、メディアプレイヤで再生可能な(DirectShow フィルタが登録されている)ファイルであれば、DirectShowSource フィルタを使って開ける可能性もあります。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:50:53

スポンサード リンク