AviSynthのぺーじ/AviSynthの歴史

これは、かつて「にーやんのAviSynthのぺーじ」として公開されていたものを転載したものです。内容は古く、間違いも含まれている可能性があります。より正確で新しい情報を知りたい場合は、AviSynth 付属のヘルプや AviSynth 公式サイトを参考にすることをおすすめします。AviSynth WikiAviSynth入門なども活用してください。

開発の歩み

 AviSynthは、Huffyuvコーデックの作者でもあるBen Rudiak-Gould氏によって開発され、GPL(GNU General Public License)に基づくオープンソースなソフトウェアとしてリリースされました(リリース年月日不明)。

 Ben Rudiak-Gould氏はバージョン0.3を正式版として公開します(2000年7月?)が、このバージョン0.3にはいくつかの重大なバグが存在しました。

 そのためBen Rudiak-Gould氏は、バージョン0.3にいくつかのバグ修正と機能が追加したバージョン1.0beta3を2000年10月にリリースします。 しかし、これ以降、Ben Rudiak-Gould氏は表舞台から姿を消し、彼自身による開発は事実上ストップしてしまいます*1

 一方で、Ben Rudiak-Gould氏とは別にバージョン0.3のバグ修正を行っていた:: Videotools.net ::のEdwin van Eggelen氏がAviSynth1.0の開発が引き継ぎます。現時点*2でのAviSynth1.0の最終版(:: Videotools.net ::による公式リリース)は1.0 beta6です*3

 またDoom9フォーラムから、Divine氏によるv1.0b7aやDividee氏によるv1.0b7dなども現れました。

 その後、2002年の7月にAviSynth2(AviSynthリビジョン2)のプロジェクトがスタートします。  AviSynth2プロジェクトにおける開発は非常にさかんで、さまざまな新しい機能が追加されて行きました。また、バージョン2.0.6からはインストーラの形で配布されるようになり、初心者でも簡単にインストールが行えるようになりました*4

 そして現在では、AviSynth2をさらに発展させ、YV12サポートなどを追加したAviSynthバージョン2.5がリリースされています。

4つのバージョン、2つのインターフェイス

 このようにAviSynthには大きく分けて4つのバージョンが存在することになります。

  1. AviSynth0.3まで(Ben Rudiak-Gould氏によるオリジナル)
  2. AviSynth1.0(Ben Rudiak-Gould氏による0.3の修正版、および:: Videotools.net ::によるリリース)
  3. AviSynth2.0(SorceForgeにおけるAviSynth2プロジェクト)
  4. AviSynth2.5(AviSynth2.0の発展版)

 さらにAviSynthはインターフェイス(ソースのavisynth.h内のINTERFACE_VERSION=〜の部分)によって分類することも可能です。インターフェイスには次の二種類があります。

  1. インターフェイス1(IF1)(オリジナル・AviSynth1.0・AviSynth2.0)
  2. インターフェイス2(IF2)(AviSynth2.5)

 バージョンの違い以上に、インターフェイスの違いは重要です。なぜなら、両者の間にはプラグイン(AviSynthに新たなフィルタを追加することができるdll)の互換性がないからです。つまりIF1用のプラグインはIF2の環境では使用することができず、その逆もまた同じというわけです*5

 このように互換性のない複数のインターフェイスが存在することは、ユーザー側に混乱を与える原因となりかねず、とりわけこれからAviSynthを始めようと考えている人にとって、その敷居をさらに高くしてしまっているかもしれません。

 とはいえ、現時点で*6AviSynthの開発の中心は完全にバージョン2.5へと移行しつつあるように思われます。そのため、今後はプラグインもAviSynth2.5で使用できることを前提として作られる可能性が高く、徐々に混乱もなくなっていくことでしょう。

※以後、当ページでは、インターフェイス1を「IF1」、インターフェイス2を「IF2」として表記することがあります。ご注意ください。

最終更新日 2004年2月28日


*1 2003年9月時点で、Ben Rudiak-Gouldさんのサイト(http://math.berkeley.edu/~benrg/index.html)を見ることはできませ ん。ただし、Donald Graftさんによってミラーされているので、そちらでAviSynth0.3、および1.0beta3を入手することが可能です。また、 AviSynthプラグインの作成方法などについても書かれているため、興味のある方は一度ご覧になることをおすすめします。Donald Graftさんによるミラーはこちら→http://neuron2.net/www.math.berkeley.edu/benrg/index.htmll
*2 2003年9月現在。
*3 :: Videotools.net ::でもAviSynth2.0の入手が可能です。ただし、SourceForgeとは異なるインストール方式になっており、AviSynthの機能を拡張するAvisynthEx(Avisynth Extention Plugin)などが同梱されています。
*4 viSynth2.0.5以前は手動でインストールする必要がありました。手動でのインストール方法については、チュートリアルのAviSynthのぺーじ/インストールをご覧ください。
*5 WarpSharpプラグイン付属の「LoadPluginExプラグイン」を使うことで、環境に関係なく、どちらのIFのプラグインも使用できるようになります。詳しくは「異なるバージョンのプラグインを使う」をご覧ください。
*6 2003年9月現在。

最終更新日時: 2014-03-12 (水) 23:36:25 (1835d)