AviSynthのぺーじ/VirtualDubModについて/1.4

これは、かつて「にーやんのAviSynthのぺーじ」として公開されていたものを転載したものです。内容は古く、間違いも含まれている可能性があります。より正確で新しい情報を知りたい場合は、AviSynth 付属のヘルプや AviSynth 公式サイトを参考にすることをおすすめします。AviSynth WikiAviSynth入門なども活用してください。

注意!!

このページの解説に使用しているのは"VirtualDubMod1.4.13_2v2"です。最新版のVirtualDubModではインターフェイスが大幅に変更されているため、一部、紹介している使用方法とは異なる部分があります。あらかじめご了承ください。

VirtualDubModについて

スクリプトが作成できたところで、実際にエンコードしてみましょう。 ここでは、VirtualDubModというソフトを使ってエンコードします。

VirtualDubModは、VirtualDubというソフトの改造版(機能拡張版)です。 本来、初心者向けであるこのチュートリアルでは、そのベースとなっているVirtualDubの方を取り上げたほうがわかりやすいかもしれません。 しかし、VirtualDubが持つ機能は一通り備えている上に、スクリプト用のエディタがついていたり、プレビューの更新(Refresh)ができたりと非常に便利ですので、VirtualDubModの方を紹介したいと思います。

ただし、OGM出力やネットワークを利用したエンコードなど高度な部分については省略し、基本的な使い方の説明のみにしたいと思います。 私自身、よくわからない部分も多いですし(^^;

VirtualDubModのダウンロード

main_screen.jpg

はじめてVirtualDubModを使う方は、"VirtualDubMod1_5_x_x_all_inclusive.zip"をダウンロードしてください。こちらのファイルには、あらかじめVirtualDubModに必要なdllが同梱されています。ダウンロード後、適当なフォルダに解凍すればインストール完了です。

以前のバージョンからアップグレードする場合は、VirtualDubMod本体(VirtualDubMod1_5_x_x.zip)とVirtualDubMod15_Required_Files_xxx.zipをダウンロードし、解凍後、VirtualDubModのフォルダに上書きコピーしてください。

VirtualDubMod1.4.13.2以前のバージョンを使いたい場合は、VirtualDubMod本体、VirtualDubMod_needed_DLLs_xxx.zip、AvisynthLexerをダウンロードしてください。VirtualDubMod本体を適当なフォルダに解凍し、つぎにVirtualDubMod_needed_DLLs_xxx.zipとAvisynthLexerを解凍してVirtualDubModのフォルダにコピーしてください。

日本語版を使いたい場合は、こちらのサイトからVirtualDubMod日本語版本体と「動作に必要なファイル」(必須DLLの詰め合わせとAviSynth Lexer)をダウンロードしてください。 ダウンロードしたら、まず、VirtualDubMod日本語版本体を適当なフォルダに解凍し、つぎに「動作に必要なファイル」を解凍してVirtualDubModのフォルダにコピーしてください。

最終更新日時: 2014-03-12 (水) 23:36:39 (1835d)