スポンサード リンク

AviUtlでAVSファイルを開く

AviUtlでAVSファイルを開くには・・・

AviUtl version 0.99k から、プラグインなしでも AVS ファイルを開けるようになりました。


以下の方法のいずれかを利用することによって、AviUtlでAviSynthスクリプトファイル(AVSファイル)を開くことができるようになります。

avsinp.auiのインストール

avsinp.auiは、AviSynth用のAviUtl入力プラグインです。

詳しくは、avsinp.auiを参照。

AviSynth用VFAPIプラグインのインストール

AviSynth用VFAPIプラグインをインストールすることにより、AviSynthをVFAPIに対応させることができます*1

これにより、VFAPI対応ソフトウェアであるAviUtlで、AVSファイルを開くことができるようになります。

詳しくは、AviSynth用VFAPIプラグインを参照。

AVSファイルの疑似AVI化

VFAPI Reader CodecやmakeAVISなどを利用して、AVSファイルを疑似AVIに変換する方法です。

この方法により、アプリケーションのAviSynth対応状況に関係なく、AVSファイルを一般的なAVIファイルと同等に扱えるようになります。

詳しくは、AVSファイルの疑似AVI化を参照。


*1 VFAPIのファイルの読み込みに関しては、LoadVFAPIPluginで対応しています。詳しくは、VFAPI経由でソースを読み込むを参照。

最終更新日時: 2012-01-04 (水) 23:11:09

スポンサード リンク