スポンサード リンク

MVDFTDenoise

説明

作者

  • お前らのショボイAvisynthスクリプト貼ってください part4 の 8 氏

コード

function MVDFTDenoise( clip clip, float "sigma", bool "Y", bool "U", bool "V" )
{
sigma = default( sigma, 2.0 )
Y = default( Y, true )
U = default( U, true )
V = default( V, true )

super = clip.MSuper

vf1 = super.MAnalyse( isb=false, overlap=4 )
vf2 = super.MAnalyse( isb=false, delta=2, overlap=4 )
vb1 = super.MAnalyse( isb=true, overlap=4 )
vb2 = super.MAnalyse( isb=true, delta=2, overlap=4 )

interleave( MCompensate( clip, super, vf2, thSCD1=800 )\
, MCompensate( clip, super, vf1, thSCD1=800 )\
, clip\
, MCompensate( clip, super, vb1,thSCD1=800 )\
, MCompensate( clip, super, vb2,thSCD1=800) )

dfttest( sigma=sigma, Y=Y, U=U, V=V )

SelectEvery( 5, 2 )
}

動作に必要なプラグイン

シンタックス

MVDFTDenoise( clip clip, float "sigma", bool "Y", bool "U", bool "V" )

パラメータ

  • clip
    • ビデオクリップ。
  • sigma
    • dfttest の sigma パラメータに対応。デフォルト値: 2.0
  • Y
    • dfttest の Y パラメータに対応。デフォルト値: true
  • U
    • dfttest の U パラメータに対応。デフォルト値: true
  • V
    • dfttest の V パラメータに対応。デフォルト値: true

使用例

# デフォルト値
MVDFTDenoise()
最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:48:50

スポンサード リンク