スポンサード リンク

ScriptExamples

ここには、基礎的なAviSynthスクリプトのいくつかの例があります。

例 1: コマーシャルのカット

    # これはコメントです。'#'記号で始まるすべての行はコメントであり、
    # AviSynthから無視されます。

    # スクリプトと同じディレクトリから"somevideo.avi"というファイルを読み込みます。
    AVISource("somevideo.avi")

    # Trimは、どのフレームをキープするかを指定します。次の行は、
    # フレーム[0, 12000], [20000, 32000], [44000, 終わり]をキープして、
    # 実際上は、フレーム[12001, 19999]と[32000, 43999]を削除して、
    # それらを結合します。
    #
    # 注: [a, b]という区間表記は、aからbまでのすべてのフレームを
    #     意味します。
    #
    Trim(0, 12000) ++ Trim(20000, 32000) ++ Trim(44000, 0)

例 2: リサイズ

    AVISource("somevideo.avi")

    # ビデオフレームの大きさを320x240にリサイズします。
    LanczosResize(320, 240)

例 3: オーディオのダビング

    video = AVISource("somevideo.avi")

    # WAVファイルも読み込むことができます。
    audio = WAVSource("music.wav")

    # ビデオトラックとオーディオトラックを多重化します。
    AudioDub(video, audio)

例 4: 明るさの調整、ノイズ除去、フェードイン・フェードアウト

    AVISource("somevideo.avi")

    # TemporalSoftenは、多くのノイズ除去フィルタの1つです。
    TemporalSoften(4, 4, 8, scenechange=15, mode=2)

    # ビデオのガンマ(相対的な明るさ)を増加させます。
    Levels(0, 1.2, 255, 0, 255)

    # 最初の15フレームを黒からフェードインさせます。
    FadeIn(15)

    # ラスト15フレームを黒へフェードアウトさせます。
    FadeOut(15)

参照:


註: このページは、http://www.avisynth.nl/ScriptExamplesの日本語訳です。

最終更新日時: 2014-03-12 (水) 23:40:11

スポンサード リンク