スポンサード リンク

TempGaussMC

TempGaussMC とは?

  • 時間軸のガウスぼかしをベースとした、動き補償付きの Bob インターレース解除関数。
  • Didée 氏作。
  • 2010-02-28 時点の最新版は、beta-2。

改造版について

改造版 1 (TempGaussMC_beta1mod / TGMCmod)

  • マルチスレッド版 MVTools(MVToolsMulti。MVTools 1.9.7.7)と MVTools2 が使用できるように改造されたもの。
    • AnimeIVTC v2.00 以降に同梱されているバージョンから、関数名が TGMCmod に変更され、MVTools2 のみを使用するようになっています。
  • MVTools2 を使用する場合には stage2 での 色差シフト補正が無効化されるように変更されている(MVTools 1.10.2.1 で修正済みの問題のため)。
  • 改造は thetoof 氏による。
  • exist any filter specially done for (deinterlace) flicker - Page 15 - Doom9's Forum に、Revgen 氏によって TempGaussMC_beta1mod を NNEDI2 と EEDI3 が使用できるように改造されたバージョン(TempGaussMC_beta1mod2)がアップされています。

改造版 2 (TempGaussMC_beta-2 v2u)

  • MVTools2 を使用するように改造されたほか、インタポレータとして "nnedi2", "nnedi3" を追加している。
  • 関数名は、TempGaussMC_beta2u に変更されている。
  • 改造は、Terranigma 氏による。

beta-3 (unofficial)

  • Leinad4Mind 氏による非公式改造版。
  • beta2mod 版を v1u2 および v2u とミックス。

特徴

TempGaussMC_beta.avs より。

  • オリジナルのフィールドをそのままにはしない
  • ソースのノイズやグレイン(ノイズ)を低減する。
    • lossless オプション(オリジナルのフィールドは保持され、ノイズ低減は弱まる)が使用できる beta-2 以降、これは正しくない。
  • 出力は、
    • 豊かな細部があり、
    • おそらくこれまでの Bob デインタレースフィルタの中で最も静かなまたは安定。

入手先

動作に必要なプラグイン

beta-2

beta1

  • MVTools -> その他のプラグインを参照。
    • TempGaussMC_beta1mod では、MVTools 1.9.7.7 または MVTools 2.x が使用可能。
    • TempGaussMC_beta v1u では、MVTools 2.x を使用。
  • RemoveGrain + Repair -> ノイズ除去(2D) を参照。
  • MaskTools v2 -> マスクを参照。
  • NNEDI / EEDI2 / Yadif (EdiMode によって必要なプラグインが異なる) -> インターレース解除を参照。
    • TempGaussMC_beta1 v1u では、NNEDI の代わりに nnedi2 が使用可能。
    • Revgen 氏による TempGaussMC_beta1mod2 (TempGaussMC_beta1mod 改造版)では、NNEDI2 と EEDI3 が使用可能。

シンタックス

beta2

function TempGaussMC_beta2(clip clp, int "tr0", int "tr1", int "tr2", int "rep0", int "rep1", int "rep2", string "EdiMode", int "qual", int "EEDI2maxd",
 \                          int "lossless", float "sharpness", int "Smode", int "SLmode", int "SLrad", float "Sbb", float "SVthin", int "Sovs", 
 \                          int "blocksize", int "overlap", bool "truemotion", bool "globalmtn",
 \                          int "search", int "searchparam", int "pelsearch", int "sharp", int "lambda", int "DCT", int "pnew", int "plevel", int "lsad",
 \                          int "SCth1", int "SCth2", int "thSAD1", int "thSAD2",
 \                          float "pel2hr", bool "border", int "draft", clip "edeint")

パラメータ

注意: デフォルト値は beta-2 のものです。同じ名前のパラメータでも、バージョンによって異なる可能性があります。

クリップ

  • clp
    • ビデオクリップ。

時間軸ガウスフィルタリング

  • tr0
    • 動き補償前の時間軸ガウス用の時間軸の範囲(1 または 2)
    • デフォルト: 2
  • tr1
    • 動き補償に関する時間軸ガウス用の時間軸の範囲(1 または 2)
    • デフォルト: 2
  • tr2
    • 最後の MVDegrain 用の時間軸の範囲(1、2 または 3)
    • デフォルト: 1

時間軸ガウス補償(修復)

  • rep0
    • searchclip に対する TemporalSoften の欠点の修復
    • デフォルト: 4
  • rep1
    • output に対する MVDegrain の欠点の修復(ステージ 1)
    • デフォルト: 0
    • output に対する MVDegrain-検出の修復(ステージ 1)
  • rep2
    • output に対する MVDegrain の欠点の修復(ステージ 2)
    • デフォルト: 4
  • lossless (beta-2 以降
    • オリジナルのフィールドを変更しない(オリジナルの入力を結果から抽出することができる)。
      • -1: 無効化。
      • 0: オリジナルと TGMC に補間されたフィールドの Weave。良くない!
      • 1: 弱い空間軸コーミング除去との Weave。非推奨。
      • 2: 動き補償された時間軸補償(標準)の後に空間軸コーミング除去。シャープなソースに良い。3 よりやや不安定。
      • 3: 動き補償された時間軸補償(強い)の後に空間軸コーミング除去。2 より安定。
    • デフォルト: -1

EEDI 補間

  • EdiMode
    • 使用する補間フィルタ: "NNEDI"、"EEDI2"、"Yadif"。その他の文字列: 普通のバイキュービック Bob を使用(高速!)。
    • デフォルト: "EEDI2"
  • EEDI2maxd
    • EEDI2 補間のみ: 空間軸の検索距離値。
    • デフォルト: 8

TempGauss されたクリップのコントラシャープ*1

  • sharpness
    • シャープの強さ。0.0 から 1.0。必要なら、それ以上も可。
    • デフォルト: 0.25+(tr1+tr2)/6
  • Smode
    • 動き補償された時間軸ガウスを再シャープ化するために使用するメソッド
      • 0 = なし
      • 1 = 3x3 カーネル
      • 2 = 垂直方向の最小/最大 + 3x3 カーネル
    • デフォルト: 2
  • SLmode
    • シャープを制限する方法
      • 0 = なし
      • 1 = 空間軸。2 回目の MV のステージの前(高速)
      • 2 = 動き補償-時間軸。2 回目の MV のステージの前(低速)
      • 3 = 空間軸。2 回目の MV のステージの後(高速)
      • 4 = 動き補償-時間軸。2 回目の MV のステージの後(低速)
    • デフォルト: 2
  • SLrad
    • シャープを制限するために時間軸の前後の近傍をどれだけ考慮するか(SLmode = 2|4)、空間軸のシャープを制限するモードの範囲 (SLmode = 1|3)。
    • デフォルト: 1
  • Sbb
    • ガウスぼかしされたシャープさの差をブレンドし直す(わずかに見た目の忠実性を増加させる)
      • 0 = なし
      • 1 = シャープ制限の前
      • 2 = シャープ制限の後
      • 3 = シャープ制限の前後
    • デフォルト: 1
  • SVthin
    • 広げられた水平方向のエッジを垂直方向に細くする。0.0=オフ 0.5=弱い 3.0=強い
    • デフォルト: 1.0
  • Sovs
    • シャープ制限に対する「オーバーシュート」*2の許可(つまり、ちょっとしたごまかし)
    • デフォルト: 0

重要な MV パラメータ

  • blocksize
    • 動き検索用のブロックサイズ
    • デフォルト: 16
  • overlap
    • ME ブロック用のオーバーラップサイズ。
    • デフォルト: blocksize/2
  • truemotion
    • MVAnalyse の「truemotion」のデフォルトを使用すべきか否か。
    • デフォルト: false
  • globalmtn
    • MVAnalyse の「global」パラメータ。
    • デフォルト: true

重要度の低い MV パラメータ

  • search
    • 検索メソッド
    • デフォルト: 4
  • searchparam
    • 検索深度
    • デフォルト: 2
  • pelsearch
    • pel レベル検索の精度:
      • 1 = 高速
      • 2 = 正確
    • デフォルト: 2
  • sharp
    • subpel 補間のシャープさ
    • デフォルト: 2
  • DCT
    • DCT モード。さまざまなモードが役立つかもしれないし、悪影響を与えるかもしれない ...
    • デフォルト: 0(オフ)
  • lambda
    • ベクトルの一貫性
    • デフォルト: truemotion が true なら 1000*blocksize*blocksize /64、さもなければ 100*blocksize*blocksize/64。
  • pnew
    • 予測されるベクトルを超える新しいベクトルに対するペナルティ。
    • デフォルト: truemotion が true なら 50、さもなければ 25。
  • plevel
    • lambda レベルスケーリングモード。
    • デフォルト: truemotion が true なら 1、さもなければ 0
  • lsad
    • ローカル lambda リセット閾値
    • デフォルト: truemotion が true なら 1200*_bs*_bs/64、さもなければ 400*_bs*_bs/64

シーンチェンジ閾値と MVDegrain thSAD 値

特別な理由なしにいじらないこと

  • SCth1
    • 「ひどいブロック」に対する SAD の閾値。
    • デフォルト: 180
  • SCth2
    • シーンチェンジを引き起こすひどいブロックのパーセンテージ。
    • デフォルト: 98
  • thSAD1
    • 1 回目の MVDegrain に対する SAD 閾値(ガウシアンステージ)
    • デフォルト: 5* 128
  • thSAD2
    • 2 回目の MVDegrain に対する SAD 閾値(リニアステージ)
    • デフォルト: 2* 128

その他

  • pel2hr
    • 0.0 はオフ。0.1 〜 0.3 は、pel=2 サブサンプリングのハロー(halo)の強調を低減するのに役立つ。
    • デフォルト: 0.0
  • border
    • true = (放送素材の)上端と下端の「ハーフスキャンライン(半分の走査線)」をキャッチするために内部でボーダーを水増しする。
    • デフォルト: true
  • draft
    • '1' はクイックドラフト*3を出力する。'2' はもっとドラフト :p
    • デフォルト: 0
  • edeint (beta-2 以降)
    • TDeint や yadifmod の同名パラメータと同様の働きをする clip 型のパラメータ。関数内部の補間方法(EdiMode)の代わりに、このパラメータで指定したクリップから補間されたピクセルが取られる。

TempGaussMC_beta1mod のみ

  • MT
    • true なら、マルチスレッド版 MVTools を使用。false なら、MVTools2 を使用。
    • デフォルト: false

TempGaussMC_beta1 v1u のみ

  • qual
    • nnedi2 のみ。品質 VS 速度のオプション。1-3。
    • デフォルト: 1 # nnedi2 only: quality vs speed option. 1-3.

  • 2008-07-12 版から、VariableBlur*4 プラグインが使われなくなりました。
  • beta-2 から、VerticalCleaner が必要になりました。

リンク


*1 原文では「contra-sharpening」。Need Suggestions for VERY GRAINY source - Page 4 - Doom9's Forum には、 contra-sharpening に関して次のような説明があります: 「sharpen the denoised clip, but don't add more than what was removed previously.」(試訳: ノイズ除去されたクリップをシャープ化するが、しかし前に取り除かれたもの以上のものは追加しない)。関連: Diskussion zu Dideé AviSynth Filter Collection - Seite 13 - Doom9 | Gleitz DVD-Forum
*2 参考: フィルター処理画質の変化に現れる症状 1
*3 ドラフト(draft)には、「引く」「下書き」などの意味があります。ここで、1 または 2 を指定すると、処理途中のクリップが出力されるようです。
*4 シャープ・ぼかしを参照。

最終更新日時: 2014-03-12 (水) 23:40:44

スポンサード リンク