スポンサード リンク

immaavs

immaavs とは?

immaavs は、ImageMagick の機能の一部を実装した AviSynth プラグインです。immaavs プラグインには、E-Male 氏によるオリジナル版と、それをベースにした Wilbert 氏によるバージョンがあります。Wilbert 版では、ImageMagick ライブラリのバージョンの更新などが行われています。

収録されているフィルタについて

v1.1 現在、E-Male 版と Wilbert 版では、収録されているフィルタに違いがあります。なお、各フィルタの詳しい説明は、画像入力フィルタは immaread を、画像処理フィルタは immamog を参照してください。

E-Male 版

immaavs プラグインには、大きく分けて

  • 画像入力フィルタの immaread(immareadpic、immareadanim、immareadseq)
  • 画像処理フィルタの immamog

の 2 種類のフィルタ(群)が収録されています。

Wilbert 版

画像読み込み用の ImmaRead と画像書き出し用の ImmaWrite が収録されています(v1.34 現在)。

ダウンロード

E-Male 版

E-Male 氏のホームページ(http://e-rels.dyndns.org/downloads/)で公開されていましたが、2008-03-18 現在、アクセスすることができません。代わりに、AviSynth Filter Collection からダウンロードすることが可能です。

Wilbert 版

Wilbert 氏のホームページからダウンロード可能です。

使用手順

E-Male 版

  1. ダウンロードしたファイルを解凍します。
  2. immaavs.dll を LoadPlugin 関数またはプラグインのオートローディング機能を使って読み込みます。

Wilbert 版

  1. ダウンロードしたファイルを解凍します。
    • 実際に使用するのは、[Release] フォルダの中にある immaavs.dll です。解凍して生成されたトップフォルダにある immaavs.dll は、オリジナルの E-Male 版であると思われます。
  2. ImageMagick 関連の DLL ファイルをシステムディレクトリにコピーします。DLL ファイルは、Wilbert 氏のホームページから入手可能です。
    • Windows XP の場合、システムディレクトリのパスは "C:\WINDOWS\system32" です。
  3. 以下の 2 つの方法のいずれかで ImageMagick 関連の dll をコピーしたフォルダ(Windows のシステムフォルダ)を指定する必要があります:
    • システムの環境変数の設定で、ユーザー環境変数として「MAGICK_HOME」を追加する。その際、変数名を「MAGICK_HOME」に、変数値をシステムフォルダのパスに設定する。
    • 以下のように magick パラメータを使って指定する:
      ImmaRead("F:\foo\bar.jpg", magick_home="C:\\WINDOWS\\system32")
      
      • 注: パスの区切り文字は \*2 を 2 つ重ねる。

関連ページ


*1 バックスラッシュ。ただし日本語環境では、半角の円記号として表示されることが多い。
*2 バックスラッシュ。ただし日本語環境では、半角の円記号として表示されることが多い。

最終更新日時: 2014-03-12 (水) 23:41:03

スポンサード リンク