サンプルスクリプト/ロゴの追加のトラブル

このページは何?

このページは、ロゴの追加のサンプルスクリプトがうまく動作しなかった場合に、考えられる原因と対処法をまとめたものです。

症状1: フォーマットエラーが出る

r.png

ソースクリップとロゴ画像の色空間が異なると、上記のエラーが発生します。

Layerフィルタが対応している色空間はRGB32とYUY2のみで、またソースクリップとロゴ画像の色空間は同じである必要があります。

ConvertToRGB32/ConvertToYUY2フィルタを使用して、ソースクリップとロゴ画像のいずれか(または両方)の色空間を変更することにより、このエラーを回避することができます。

なお、サンプルスクリプトのスクリプトは、色空間がRGB32かYUY2のいずれかに統一されるようになっています。

症状2: ロゴ画像が反転する

ImageSourceフィルタで画像を読み込むと、読み込んだ画像の上下が反転することがあります。その場合、ロゴ画像の読み込みの後(ロゴの合成前)に、下記の行を追加してください。

logo = FlipVertical(logo) # logoを反転

FlipVerticalは、クリップを上下を逆さまにするフィルタです。

サンプルスクリプト/ロゴの追加(1)のスクリプトを修正すると、以下のようになります(RGB32版)。

IsRGB32() ? last : ConvertToRGB32() # ソースクリップがRGB32では"ない"場合は、RGB32に変換
logo = ImageSource("ロゴ画像のパス") # ロゴ画像の読み込み
logo = ConvertToRGB32(logo) # logoをRGB32に変換
logo = FlipVertical(logo) # logoを反転
Layer(last, logo, "add", x=数値, y=数値, level=255) # x,yはロゴの座標

症状3: ロゴ画像が読み込めない

原因1: タイプミス

「ロゴ画像のパス」が間違っていると、当然ながら画像ファイルを読み込むことができません。もう一度、画像のパスが間違っていないか確認してみてください。

原因2: 未対応の画像フォーマット

ImageSource フィルタが対応している画像フォーマットは、オリジナルFAQ の 「ImageSource フィルタで読み込める画像フォーマットを教えてください」を参照してください。

ImageSourceフィルタが対応していない画像を読み込みたい場合は、immaavsプラグイン(immareadフィルタ)を試してみてください。

スクリプト例(RGB32の場合)

LoadPlugin("immaavs.dllのパス") # オートローディング時は不要

IsRGB32() ? last : ConvertToRGB32() # ソースクリップがRGB32では"ない"場合は、RGB32に変換
logo = immareadpic("ロゴ画像のパス") # ロゴ画像の読み込み
logo = ConvertToRGB32(logo) # logoをRGB32に変換。logoがRGB32の場合は不要 
Layer(last, logo, "add", x=数値, y=数値, level=255) # x,yはロゴの座標

関連ページ

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:51:15 (2782d)