サンプルスクリプト/AVIファイルを開く(1)

スクリプト

AviSource("AVIファイルのパス")

使用方法

スクリプト内の「AVIファイルのパス」を、読み込ませたいAVIファイルのパス(または、ファイル名)に置き換えます。

使用例

AVIファイルとAVSファイルが同じフォルダにある場合

# foo.aviを開く
AviSource("foo.avi")

パス指定する場合

# 例: Cドライブ -> [AviSynth]フォルダにあるfoo.aviを開く
AviSource("C:\AviSynth\foo.avi")

パスの指定の仕方については、ファイル読み込み時のパス指定を参照。

備考

  • コーデック(デコーダ)がインストールされている必要があります。
最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:50:54 (2051d)