サンプルスクリプト/MPAファイルを開く

スクリプト

LoadPlugin("MpaSource.dllのパス") # プラグインを自動読み込みする場合は不要
MPASource("MPAファイルのパス")

必要な外部プラグイン

以下の外部プラグインを、あらかじめ入手しておいてください。

使用方法

  1. スクリプト内の「MpaSource.dllのパス」を、MpaSource.dllのパスに変更します。
  2. 「MPAファイルのパス」を、読み込ませたいMPAファイル(MP1/MP2/MP3*1)のパスに置き換えます。

使用例

# Cドライブ -> [Plugins]フォルダにあるMpaSource.dllを読み込む
LoadPlugin("C:\Plugins\MpaSource.dll")
# Dドライブ -> [Audio]フォルダにあるfoo MPA T01 DELAY -66ms.mpaを開く
MPASource("D:\Audio\foo MPA T01 DELAY -66ms.mpa")

備考

MPASourceプラグインは重い?

  • 初回読み込み時には、ファイル全体をスキャンするために、時間がかかります(デコード自体は部分的に行われます)。
  • 初回読み込み時に作成されるD2Aファイルによって、2回目以降の読み込みやシークにかかる時間が短縮されます(Version 0.2以降)。
  • normalizeパラメータを有効にすることによって、音声のノーマライズを行うことも可能です。ただし、かなり重くなります。
    # ノーマライズする
    MPASource("D:\Audio\foo MPA T01 DELAY -66ms.mpa", normalize=true)
    

その他の備考

  • MPASourceプラグインには、オリジナル版と修正版の二種類があります。オリジナル版ではうまく動作しないという報告もありますので、注意してください。
  • プラグインを読み込ませる方法については、外部プラグインを使うを参考にしてください。
  • プラグインの自動読み込み(オートローディング)を利用する場合は、サンプルスクリプトの1行目は不要です。
  • パスの指定の仕方については、ファイル読み込み時のパス指定を参照。

*1 より正確には、MPEG-1 Audio Layer-?/?/?

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:51:04 (2146d)