古いプラグインのオートローディング

1.0/2.0用の古いプラグインをオートローディングする

AviSynth 2.5用のプラグインとAviSynth 1.0/2.0用の古いプラグインには互換性がありません。このため、AviSynth 2.5でAviSynth 1.0/2.0用のプラグインを使うためには、LoadPluginExが必要となります(詳しくは、LoadPluginExを参照)。

ただし、たとえLoadPluginExプラグインを使用したとしても、プラグインのオートローディング(自動読み込み)機能を利用して、古いプラグインを読み込むことはできません。

一方、AviSynthのオートローディング機能は、プラグインのほかに、拡張子がavsi*1のAviSynthスクリプトファイルにも対応しています。このページでは、これを利用して、AviSynth 1.0/2.0用の古いプラグインを、擬似的にオートローディングする方法を紹介します。

手順

1.プラグイン読み込み用のスクリプトの作成

オートローディングさせたいAviSynth 1.0/2.0用の古いプラグインを読み込むためのスクリプトを作成します。下記のように、プラグインの読み込みには、LoadPluginフィルタを使用します:

LoadPlugin("C:\foo\LoadPluginEx.dll") # 最初にLoadPluginEx.dllを読み込むこと
LoadPlugin("C:\foo\DustV5.dll")
LoadPlugin("C:\foo\Anticomb.dll")
# .
# .
# .

必ず最初にLoadPluginExプラグインの読み込みを行ってください。さもなければ、VirtualDubModが起動できなくなります*2

2.拡張子を avsi にして保存

loadoldplugins_avsi.png

スクリプトが作成できたら、拡張子を avsi にして、AviSynthのpluginsフォルダに保存します(上の例では、LoadOldPlugins.avsi)。なお、pluginsフォルダの場所については、プラグインのオートローディングを参照。

これで、毎回、LoadPluginフィルタを記述しなくても、古いプラグインが自動的に読み込まれるようになります。

参考

このページの内容は、Doom9's Forum - Will release 2.6 enhance filter dir support?におけるJuanC氏の投稿を参考に作成しました。


*1 おオートローディングのためのAviSynthスクリプトファイルの拡張子。
*2 AviSynthのpluginsフォルダのチェックを行うため。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:51:29 (2016d)