FrameNumber

説明

FrameNumber(AvisynthFilter_framenumber)は、ビデオクリップに、フレーム番号を挿入するフィルタプラグインです。

Windows用のフォントやアンチエイリアスの類を使用せず、ハードコード*1されたフォントを使用して、それをビデオメモリにコピーするため、処理が高速です。

hanfrunz 氏作。

バージョン 0.2 から、SMPTE タイムコード表示用の FrameTC フィルタが追加されています。

ダウンロード

下記のDoom9's Forum 関連スレッド、および、アーカイブから入手可能です。

書式

FrameNumber

FrameNumber(clip, int offset, int orientation)

引数

  • offset: オフセット(実際のフレーム番号にこの値がプラスされたものが表示される)
  • orientation: 表示位置の指定
    • 0: 右下隅に表示
    • 1: 左下隅に表示

FrameTC

FrameTC(clip clip, int "offset", int "orientation", int"y")

引数

  • offset: オフセット(フレーム単位)
  • orientation: 表示位置の指定
    • 0: 右
    • 1: 左
    • 2: 中央
  • y: タイムコードの最後の行の行番号(下端からカウントされる)。

使用例

例1: offset=0、左下隅に表示

ColorBars(320, 240)
FrameNumber(0, 1)
return last
avisynthfilter_framenumber_0_1.png

例2: offset=0、右下隅に表示

ColorBars(320, 240)
FrameNumber(0, 0)
return last
avisynthfilter_framenumber_0_0.png

例3: offset=10、左下隅に表示

ColorBars(320, 240)
FrameNumber(10, 1)
return last
avisynthfilter_framenumber_offset10.png

関連リンク


最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:48:01 (2046d)