GradFunkMirror

説明

  • GradFun2db プラグインのボーダーの処理を修正する関数(GradFunkMirror.avs より)。
  • フルフレーム処理用に追加されたもの(readme.txt より)。

作者

  • MugFunky
  • Alain2
  • Soulhunter(strength を int 型から float 型に変更)

入手先

動作に必要なプラグイン

コード

# Border processing fix for GrandFun by MugFunky and Alain2
# Edit by Soulhunter: Changed strength from int -> float

Function GradFunkMirror( clip c, float "strength" )
{
        strength        =       default( strength, 1.2 )
        w                       =       c.width()
        h                       =       c.height()
        vflip           =       c.FlipVertical()
        hflip           =       c.FlipHorizontal()
        
        stackhorizontal( hflip.crop( w-16, 0, 16, h ).addborders( 0, 16, 0, 16 ),
        \       stackvertical( vflip.crop( 0, h-16, w, 16 ), c, vflip.crop( 0, 0, w, 16 ) ),
        \       hflip.crop( 0, 0, 16, h ).addborders( 0, 16, 0, 16 ) )
        gradfun2db( strength )
        crop( 16, 16, -16, -16 )

        Return last
}

シンタックス

GradFunkMirror( clip c, float "strength" )

パラメータ

  • c
    • クリップ
  • strength
    • フィルタの強さを表す閾値。gradfun2db の thr パラメータに相当。デフォルト: 1.2

使用例

GradFunkMirror()

関連ページ

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:48:12 (2074d)