niiyan/2005-03-14

niiyan

DeScratch Version 0.8 by Fizick(maxlenパラメータの追加)

chroma denoising(CNRT/CNRS/CNRF) by kassandro

  • 色差ノイズ除去プラグイン
  • 現時点では、YUY2にのみ対応。
  • ダウンロードは、こちらから。
    • スレッド冒頭のAttachmentからダウンロードできます。
    • (2005-03-17追記)3/17に更新された時にAttachment(添付ファイル)は削除されました。代わりに、同じスレッド冒頭のkassandro氏の投稿に新しいバージョンへのリンクがあります。下記の文章のhereの部分。
      The current version can be downloaded from here
  • 次の3つのフィルタから成る。
    • CNRT
      • MarcFDのCNR2に似たフィルタ。だが、アプローチが異なる。

        but uses a two sided approach in contrast to one sided approach in CNR2.

  • このアプローチ(two sided approach)の利点

    The two sided approach has the advantage, that one doesn't have to care about scene switches and it should improve overall quality as well.(シーンチェンジを気にしなくてもよい&全体的なクォリティの向上)

  • 変数とデフォルト値はCNR2と同じ。
  • scdthr(シーンチェンジ検出の閾値)の値は無視される。
  • 純粋な時間軸フィルタ。インターレース素材にも使える。

    CNRT is purely temporal, whence it can be used for interlaced content.

  • CNRS
    • CNRTの空間軸(Spatial)な類似物(analog)
    • CNRTと同じ変数、同じデフォルト値に、必須のクリップ変数(blurred_input)を1つ追加。
    • blurred_inputは、入力クリップのぼかされた(blurred)バージョン。たとえば、
      RemoveGrain(input,mode=12)
    • デフォルトの使用法は、次のとおり
      CNRS(input, blurred_input)
    • 純粋な空間軸フィルタで、プログレッシブ素材に使える。
    • ただし、blurred_inputが水平方向にだけぼかされているなら、インターレース素材にも使える。
  • CNRF
    • 上記2つのフィルタとは異なる。
    • SSE最適化されている。
    • 次の哲学の具現化

      the spatial variation of the chroma is limited by the spatial variation of the luma.

  • 書式
    CNRF(input, blurred_input)
  • What does CNRF do?

    CNRF first calculates the luma distance d=|y - yb| and then u is clipped at ub - d, ub + d, i.e. the new value = min(max(u, ub - d), ub + d) and similarily v is clipped at vb - d, vb + d.(y/u/vはinputの、yb/ub/vbはblurred_inputのY/U/Vを表す。)

ImproveSceneSwitchノイズ除去(時間軸)に追加

TIVTC - 2005/03/13 v0.9.8.2

  • 変更点

    Doom9's Forum - Another motion adaptive deinterlacer and smart bobber

    TDecimate:

    + Added missing logic to most similar decimation mode. It can now correctly handle

    panning->static and static->panning areas like longest string. It can also

    detect cycles that need two duplicates dropped. Assuming match info is present.

    + Tweaked decimation decisions for both longest string/most similar.

    + Added isse luma diff calculation routine for yuy2

    - Fixed a bug in the longest string decimation decision that utilized match info

    from tfm.

    TFM:

    + Post-processing now only links luma->chroma on the motion map, instead of doing

    full luma->chroma, chroma->luma, and chroma->chroma linking.

最終更新日時: 2005-03-17 (木) 23:01:14 (5358d)