スポンサード リンク

AssumeFrameField

AssumeFrameBased(clip clip)
AssumeFieldBased(clip clip)

AviSynthは、与えられたクリップがフィールドベースであるかフレームベースであるかに絶えず注意しています。もしそのクリップがフィールドベースなら、各フィールドのパリティ(すなわち、それがフレームのトップフィールドかボトムフィールドか)も見逃しません。そのクリップがフレームベースなら、各フレームにおける支配的なフィールド(すなわち、フィールドが分離されるときに、そのフレームのどちらのフィールドが先に来るか)を見失わないようにします。

しかし、この情報は必ずしも正しいとは限りません。なぜなら、フィールド情報はビデオファイルの中に格納されておらず、AviSynthのソースフィルタは、ただそれを推測するだけだからです。AssumeFrameBasedとAssumeFieldBasedは、あなたがAviSynthにクリップの正しいタイプを言うことを可能にします。

AssumeFrameBasedは、現在の情報を廃棄して、そのクリップが、各フレームのボトム(偶数)フィールドが支配的な、フレームベースであると仮定(assume)します。 (これはたまたまソースフィルタが推測するものになります。)もし、トップフィールドを支配的にしたいなら、あとでComplementParityを使ってください。

AssumeFieldBasedは、現在の情報を廃棄して、そのクリップが、偶数番号のフィールドがボトムフィールドで、奇数番号のフィールドがトップフィールドの、フィールドベースであると仮定します。もし、それをあべこべにしたいなら、あとでComplementParityを使ってください。


註: このページは、AssumeFrameField - avisynth.nlの日本語訳です。

最終更新日時: 2014-03-12 (水) 23:35:51

スポンサード リンク