スポンサード リンク

ダウンロード

はじめに

このページでは、AviSynth をダウンロードする手順を紹介します。

なお、以下の説明は、2009 年 7 月 10 日現在の SourceForge.net からのダウンロード手順を紹介したものです。SourceForge.net の仕様変更により、ページの構成やダウンロードの手順が説明とは異なる可能性があります。

代表的な AviSynth のビルド

AviSynth には、公式/非公式あわせて、いくつかのビルドが存在します。ここでは、その中から代表的なものを紹介したいと思います。

なお、以下のリストを作成するにあたって、Avisynth wiki を参考にしました。

公式版

バージョン32/64 ビットマルチスレッド対応備考
v2.5.8 Final32 ビット×
v2.6.0 Alpha 2*132 ビット×Alpha 2 の時点では、まだマルチスレッドに対応していません。

公式版のダウンロードについては、以下の手順を参考にしてください。

非公式版

バージョン32/64 ビットマルチスレッド対応備考
v2.5.7 tsp ビルド32 ビットしばらく更新されていないようです。
v2.5.7 squid_80 ビルド64 ビット×しばらく更新されていないようです。
v2.5.8 SEt ビルド32 ビット
v2.5.8 JoshyD ビルド64 ビット上の SEt ビルドをベースに 64 ビット対応。avisynth64 も参照。
v2.5.8 Jeremy Duncan ビルド32 ビット
v2.6 SEt ビルド32 ビット

現時点*2でよく使われているのは、32 ビット版なら SEt ビルド、64 ビット版なら JoshyD ビルドのようです*3

その他

バージョン32/64 ビットマルチスレッド対応備考
AviSynth+32 ビット/64 ビットAviSynthPlus を参照。

ダウンロード手順

1. Avisynth rev. 2 プロジェクトページへ移動

AviSynth は、公式サイト(http://www.avisynth.nl/)ではなく、SourceForge.net 内のプロジェクトページを通じて配布されています*4。まずは、Avisynth rev. 2 | Get Avisynth rev. 2 at SourceForge.net へ移動してください。

2. ダウンロードするファイルの選択

AviSynth をダウンロードする方法には、トップページから直接最新版をダウンロードする方法と、最新版を含むすべてのリリースされたファイルの中からダウンロードするファイルを選択する方法の 2 種類があります。

トップページから最新版をダウンロード

画面中段左にある緑色の「Download Now!」ボタン(赤い線で囲まれた箇所)は、通常、最新版の AviSynth のインストーラにリンクされています。AviSynth の最新版をダウンロードしたい場合は、このボタンをクリックして、ダウンロードを開始してください。

» ダウンロードの開始

すべてのファイルから選択してダウンロード

何らかの事情によって最新版以外の AviSynth をダウンロードしたい場合(たとえば、開発版をダウンロードしたい場合など)は、右横の「View all files」または上のメニューの「Files」(青い線で囲まれた箇所)をクリックしてください。ファイルページへ移動します。

AviSynth のバージョンについて

ファイルページでは、大きく分けて AviSynth 2.0、AviSynth 2.5、AviSynth 2.5 alpha の 3 つのパッケージに分類されています。

  • AviSynth 2.5
    • AviSynth バージョン 2.5 の最終版(正式版/安定版)です。ベータテストを経てリリースされたものですので、より安定したバージョンであると言えます。ただしリリースまでの間隔が長いため、場合によっては、最終版でのバグが修正されていたり新しい機能が利用できる alpha 版(下記参照)の方が安定している可能性もあります。このパッケージの最新版は、AviSynth 2.5.8 です。
  • AviSynth 2.0
    • AviSynth バージョン 2.0 の最終版(正式版/安定版)です。バージョン 2.0 の開発はすでに停止され、AviSynth 2.5 へ引き継がれています。通常はこちらのパッケージのファイルをダウンロードする必要はありません。このパッケージの最新版は、AviSynth 2.0.8 です。
  • AviSynth 2.5 alpha
    • 上記 AviSynth 2.5 の開発版です。開発段階によって Alpha、Beta、RC*5という名前が付けられており、Alpha、Beta、RC の順に最終版に近いバージョンとなります。古いバージョンの最終版に含まれていたバグが修正されていたり、機能の追加や変更などが行われています。一方で、未知のバグが含まれている可能性もあり、安定性には欠けると言えるでしょう。このパッケージの最新版は、AviSynth 2.5.8 RC4 です。

通常は、AviSynth 2.5 の中から、ダウンロードするファイルを選択することになるでしょう。ここでは、AviSynth 2.5 の最新版である AviSynth 2.5.8 をダウンロードするものとして話を進めることにします。

ダウンロードするファイルの選択

ダウンロード可能なファイルには、大きく分けて AviSynth_*.exe と AviSynth_*_src.zip の 2 種類があります*6。リリースによっては、いずれか一方のみの場合もあります。

  • AviSynth_*_src.zip: AviSynth のソースコード*7です。開発者向けに公開されているものですので、通常、開発者以外はダウンロードする必要はありません。
  • AviSynth_*.exe: AviSynth のインストーラ。AviSynth をインストールするには、こちらをダウンロードします。赤で囲んだ部分のリンクをクリックしてください。

これ以外にも、バージョンによっては、プラグインの修正版だけを個別にダウンロードできる場合もあります(AviSynth 2.5.8 の DirectShowSource_2587.zip*8 など)。

リンクをクリックすると、それぞれのファイルのダウンロードが開始されます。ここでは、AviSynth 2.5.8 のインストーラ Avisynth_258.exe をダウンロードするものとします。

» ダウンロードの開始

3. ダウンロードの開始

リンクをクリックすると、まもなくダウンロードが開始される旨の画面が表示されます。

しばらくするとダウンロードが開始されます(画面は Firefox 3.5 のもの)。保存先のフォルダを指定して、ダウンロードしてください。

ダウンロードが完了したら、インストールへ進んでください。

ダウンロードが開始されないときは?

しばらく経ってもダウンロードが開始されないときは、上図の「direct link」(直接リンク)をクリックしてみてください。

それでもダウンロードが始まらない場合は、その右にある「mirror」をクリックして、別のミラーサーバーを選択してください。

ダウンロードしたいミラーサーバーのラジオボタンをオンにして、「Use this mirror」をクリックします。

すると、ミラーサーバーの設定が変更され、ダウンロードが再開されます。


*1 2011-04-25 時点での、最新版のバージョンです。
*2 2011-04-25 現在。
*3 Doom9's Forum 等での議論でよく登場するというだけの根拠ですが、どれを使っていいかわからない人のためにこのように書きました。
*4 公式サイトからもプロジェクトページにリンクされています。
*5 Release Candidate。リリース候補。
*6 * は数字。リリースごとに異なる。
*7 参考: ソースコードとは 【source code】 - 意味・解説 : IT用語辞典
*8 これは、AviSynth に標準添付されている DirectShowSource プラグインの修正版です。

最終更新日時: 2014-04-12 (土) 02:56:28

スポンサード リンク