スポンサード リンク

AviSynthPlus

AviSynth+ (AviSynthPlus)とは

  • AviSynth のフォーク(派生版)。
  • pylorak 氏による。
  • AviSynth 用プラグインやスクリプトとの互換性を維持。

AviSynth との違い

ユーザー向け

ホームページより:

  • 64 ビット版が利用可能
  • スクリプト起動の高速化および内蔵フィルタの実質上の高速化
  • 複数の(「影」の)プラグインフォルダのサポート
  • C プラグインのオートローディング
  • スクリプト言語の拡張(複数行の条件文とループのサポート含)
  • 静止画サポートと TimeStretch の改良

開発者向け

ホームページより:

  • 最新のコンパイラで、簡単かつ高速なコンパイル
  • 倍速のコンパイル速度
  • デバッグの改良
  • より効率的で論理的なプロジェクト構造
  • 大量のリファクタリングされたコード

AviSynth との互換性

Avisynth+ - Doom9's Forum より:

Avisynth+ tries to provide a superset of Avisynth's features while staying compatible to existing code. This means you should be able to use plugins and scripts written for Avisynth without any problems with Avisynth+. The contrary however might not be true: Plugins and scripts written explicitly to take advantage of Avisynth+ might not work using the official Avisynth.

Avisynth+ は、既存のコードとの互換性を保ちながら、AviSynth の機能のスーパーセットを提供する。つまり、何の問題もなく Avisynth+ で AviSynth 向けのプラグインやスクリプトを使うことができる。しかし、逆は真ではないかもしれない。明確に Avisynth+ を活用するために書かれたプラグインやスクリプトは、オフィシャルの Avisynth では動作しないかもしれない。

  • AviSynth 用に書かれたプラグインやスクリプト
    • AviSynth+ で利用可能。
  • AviSynth+ 用に書かれたプラグインやスクリプト
    • AviSynth+ で追加された機能を使用しているものは、AviSynth では動かない場合もある。たとえば、if 文や for 文を使用しているスクリプトなどは動かない。

32bit版と64bit版の共存

  • プラグインのオートローディングを使えば、何も意識しなくても、AvsPmod の 32bit 版でプレビューした時は 32bit 版のプラグインを呼び出し、x264 の 64bit 版でエンコードした時は 64bit 版のプラグインを呼び出すということが可能。
    • ただし、前もって plugins(plugins+)フォルダと plugins64(plugins64+)フォルダに、同名の関数をもつプラグインの 32bit 版と 64bit 版をそれぞれ配置しておく必要がある。
  • LoadPlugin によるマニュアルローディングではこの方法は使えないので、avs ファイルを渡すソフトが 32bit か 64bit かによって、スクリプトを変更する必要がある。

スクリプト言語の拡張

AviSynth+ では、条件文(if)とループ(for/while)が利用可能になっている。

リンク

公式

その他(解説など)

最終更新日時: 2014-08-10 (日) 23:30:51

スポンサード リンク