スポンサード リンク

Blur

Blur (clip, float amount)
Blur (clip, float amountH, float amountV, bool MMX)
Sharpen (clip, float amount)
Sharpen (clip, float amountH, float amountV, bool MMX)

これは、シンプルな 3x3 カーネルのぼかし(blur)フィルタです。Blur で指定可能な実引数の最大値は約 1.58 で、これは (1/3, 1/3, 1/3) カーネルに相当します。1.0 という値は、(1/4, 1/2, 1/4) カーネルになります。もし大きな半径のガウスぼかしが必要なら、いくつかの Blur(1.0) のコピーを連鎖(chain)することをお薦めします。(パスカルの三角形*1を覚えている人はいますか?)

Blur に対する負の実引数は、実は画像をシャープ(sharpen)にします。現に Sharpen(n) は、Blur(-n) の単なる別名なのです。Blur で指定可能な実引数の最小値は -1.0 であり、すなわち Sharpen の最大値は 1.0 です。

垂直方向と水平方向の量(amount)を個別に設定するために、2 つの実引数を使用することができます。このように、たとえばインターレースのラインをブレンドするために、Blur(0,1) を使って垂直方向のみにフィルタをかけることができます。デフォルトでは、amountV=amountH です。

MMX ルーチンに関しては、計算における完全な 8 ビット精度の欠如という既知の問題があります。これは、出力される画像にバンディング*2を引き起こすことがあります。もし心配なら、速度的には劣るものの、より正確な C++ ルーチンを使用するために、MMX オプションを False に設定してください。


註: このページは、AviSynth 2.5.7 に同梱されているマニュアル(英語版)の日本語訳です。原文は、AviSynth をインストールしたフォルダ内の Docs/english/corefilters/blur.htm にあります。なお、このページのテキストおよび画像のライセンスは、オリジナルのそれに準じます。


*1 訳者註: 参考: パスカルの三角形パスカルの三角形 〜さんすう・数学のお勉強〜
*2 訳者註: banding。階調不足により、グラデーションが縞状になること。階調飛び、階調割れとも言う。参考: 第七講 グラデーションのフィルム出力マッハバンドって何?

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:47:21

スポンサード リンク