スポンサード リンク

DeleteFrame

DeleteFrame(clip, int frame [, ...])

DeleteFrame は、実引数として与えられた一連のフレームを削除します。音声トラックは変更されないため、このフィルタを使ってたくさんのフレームを削除すると、顕著な非同期が起こるかもしれません。

使用例:

DeleteFrame(3, 9, 21, 42) # フレーム 3、9、21、42 を削除

もしある範囲のフレーム(たとえば a から b まで)をサウンドトラックの対応する部分と一緒に削除したいなら、このように Trim を使って行うことができます:

Trim(0,a-1) ++ Trim(b+1,0)

もしくは、このようにします:

Loop(0,a,b)

更新履歴:

v2.58複数の実引数に対するサポートを追加

註: このページは、AviSynth 2.5.8 RC3 に同梱されている英語版ヘルプの日本語訳です。原文は、AviSynth をインストールしたフォルダ内の Docs/english/corefilters/deleteframe.htm にあります。なお、このページのテキストおよび画像のライセンスは、オリジナルのそれに準じます。詳しくは、AboutLicense を参照してください。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:47:38

スポンサード リンク