スポンサード リンク

ImageWriter

ImageWriter(clip, string "file", int "start", int "end", string "type", bool "info")

ImageWriter (v2.51 で機能制限版として内蔵され、v2.52 ですべての機能が有効になった)は、クリップのフレームを画像としてハードディスクに書き出します。

file (デフォルト "c:\"): 保存される画像のパス+ファイル名の接頭辞。画像は、次のような名前を持つことになります:

  [path]000000.[type]、[path]000001.[type]、など。 

startend は、書き出されるフレームの範囲の始まりと終わりです。デフォルトは、ともに 0 です(end=0 は、最終フレームを意味します)。end がマイナス(v2.58 から可能)なら、書き出されるフレーム数を指定します。

type (デフォルト "ebmp")は、ファイル名の拡張子で、画像のフォーマットを定義します。type でサポートされる値は、以下のとおりです:

 bmp, dds, ebmp, jpg/jpe/jpeg, pal, pcx, png,
 pbm/pgm/ppm, raw, sgi/bw/rgb/rgba, tga, tif/tiff 

info (デフォルト false): オプションで、出力ビデオクリップの上に進捗情報のテキストをオーバーレイし、ファイルが書き出されているかどうか、もしそうなら、そのファイル名を表示します(v2.55 で追加)。

「ebmp」フォーマットは、すべての色空間(RGB24、RGB32、YUY2、YV12)をサポートしています。RGB 色空間から書き出される「ebmp」ファイルは、スタンダードな BMP ファイルです。これに対し、YUV フォーマットから生成されるものは、おそらく AviSynth の ImageReader/ImageSource でのみ読み込むことができます。この一対の機能*1は、 raw(生の)ビデオをあらゆる内部フォーマットで保存し、再読込することを可能にします。

その他のすべてのフォーマットについては、入力色空間は RGB24 または RGB32 (アルファチャンネルがそのフォーマットによってサポートされていて、あなたがそれを含めたいとき)でなければなりません

使用例:

# 現在の AviSynth 固有のフォーマット(ebmp)でクリップ全体をエクスポートする
ImageWriter("D:\backup-stills\myvideo")

# フレーム 5 を「C:\000005.PNG」に書き出す
ImageWriter("", 5, 5, "png")

# フレーム 100 からクリップの終わりまでを「F:\pic-000100.JPEG」、「F:\pic-000101.JPEG」などに書き出し、
# 進捗情報を表示する。
ImageWriter(file = "F:\pic", start = 100, type = "jpeg", info = true)

更新履歴:

v2.58end=負の値」でフレーム数が指定可能になった。

註: このページは、AviSynth 2.5.8 RC3 に同梱されている英語版ヘルプの日本語訳です。原文は、AviSynth をインストールしたフォルダ内の Docs/english/corefilters/imagewriter.htm にあります。なお、このページのテキストおよび画像のライセンスは、オリジナルのそれに準じます。詳しくは、AboutLicense を参照してください。


*1 訳者註: 原文では「This pair of features...」。おそらく ImageWriter と ImageSource/ImageReader という 2 種類のフィルタのペアを指していると考えられます。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:48:24

スポンサード リンク