スポンサード リンク

Info

Info (clip)

v2.5 から内蔵。クリップの左隅にクリップの情報が表示されます。情報は、時間、色空間、サイズ、フレームレート、フィールドベース(SeparateFields 適用時)かフレームベース(SeparateFields 非適用時)か、AviSynth がボトムフィールドファースト(AviSource の場合のデフォルト)と考えているかトップフィールドファーストと考えているか、音声の有無、チャンネル数、サンプリング形式、サンプル数、およびサンプリング周波数から構成されています。v2.55 から、サポートされている最適化(拡張命令セット)に関する CPU フラグが追加されています。

使用例:

AviSource("C:\filename.avi").Info

(上記のスクリプトは)左上隅に以下のような情報をともなったビデオを生成します*1:

Frame(フレーム): 0 of 6035
Time(時間): 00:00:00:000 of 00:04:01:400
ColorSpace(色空間): YUY2
Width(幅): 720 pixels, Height(高さ): 576 pixels.
Frames per second(1 秒あたりのフレーム数): 25.0000 (25/1)
FieldBased (Separated) Video(フィールドベース(分離された)ビデオ): NO
Parity(パリティ): Bottom Field First
Video Pitch(ビデオピッチ): 1440 bytes.
Has Audio(音声の有無): YES
Audio Channels(音声チャンネル): 2
Sample Type(サンプリング形式): Integer 16 bit
Samples Per Second(1 秒あたりのサンプル数): 44100
Audio length(音声の長さ): 10650150 samples. 00:04:01:500
CPU detected(検出された CPU): x87 MMX ISSE SSE 3DNOW 3DNOW_EXT

更新履歴:

v2.57現在のフレームの時間、総時間、フレームレートの分子と分母、および、音声の長さを追加。
v2.55サポートされている CPU 最適化を追加。
v2.50初版

註: このページは、AviSynth 2.5.7 に同梱されているマニュアル(英語版)の日本語訳です。原文は、AviSynth をインストールしたフォルダ内の Docs/english/corefilters/info.htm にあります。なお、このページのテキストおよび画像のライセンスは、オリジナルのそれに準じます。


*1 訳者註: 括弧の中の日本語は実際に表示されるわけではなく、説明のために追加したものです。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:48:26

スポンサード リンク