スポンサード リンク

RGBAdjust

RGBAdjust (clip, float "r", float "g", float "b", float "a", float "rb", float "gb", float "bb", float "ab", float "rg", float "gg", float "bg", float "ag", bool "analyze")

このフィルタは、それぞれの色のチャンネルに与えられた値を掛け、与えられたバイアスのオフセットを追加して、最後に関連するガンマを調節します。その際、結果は、0 から 255 の範囲内に収まるようにクリッピングされます。ちなみに RGBAdjust(1, 1, 1, 1, 0, 0, 0, 0, 1, 1, 1, 1) はクリップに影響を与えません。

r (-255.0 - 255.0、デフォルト 1.0): このオプションは、赤をどれだけ伸張/圧縮するかを決定します。例えば倍率が 3 なら、各ピクセルの赤のチャンネルに 3 を掛けます。緑(g)と青(b)も、同じように動作します。

a (-255.0 - 255.0; デフォルト 1.0)は、アルファチャンネルの倍率を指定します。アルファチャンネルは、1 ピクセル単位での透過度情報を表します。0 というアルファ値は完全な透明を、255 は完全に不透明なピクセルを意味します。

v2.56 では、バイアスオフセットの rbgbbbab (デフォルト 0.0)は、赤、緑、青またはアルファの各チャンネルに値を足します。例えば、rb = 16 は赤のピクセル値に 16 を足し、rb = -32 はすべての赤のピクセル値から 32 を引きます。

v2.56 ではまた、指数の rgggbgag (デフォルト 1.0)は、赤、緑、青またはアルファの各チャンネルのガンマを調節します。例えば、rg = 1.2 は赤のピクセル値を明るくし、gg = 0.8 は緑のピクセル値を暗くします。

v2.56 では、analyze (true または false)は、画面上に色の統計を出力します。そこには、すべてのチャンネルに関する最大値(Maximum)と最小値(Minimum)、平均値(Average)と標準偏差(Standard Deviation)、そして「緩めの最小値(Loose Minimum)」 と「緩めの最大値(Loose Maximum)」が含まれています。「緩めの」値は、不自然に低い(または高い)最小値(または最大値)を生み出す非常に明るい(または非常に暗い)ノイズの仕様を除外するために算出されたものです(要するに、すべてのピクセルのうち 256 分の 255 の赤/緑/青の値は、緩めの最小値以上、緩めの最大値以下になります)。

例えば次のようにしても、1 つの値の変更に合わせて他の全ての値が伸張/圧縮されることはない(そのためには Levels を使うべきである)、ということを心にとどめておいてください:

RGBAdjust(2, 1, 1, 1)

これは、クリッピングされた赤をたくさんもたらすでしょう。もしクリッピングされた赤を望むのなら、このようにしてください。しかし、もしクリッピングされることなしに、もっと多彩な赤を得たいなら、以下のようにします。

Levels(0, 1, 255, 0, 128).RGBAdjust(2, 1, 1, 1)

これは、すべてのレベル(と輝度の平均値)を半分に圧縮し、そして赤を 2 倍にします。さらにコンパクトにすると、次のようになります。

RGBAdjust(1.0, 0.5, 0.5, 1.0)

これは、赤をそのままに、緑と青を半分にします。

アルファチャンネルを反転するには、次のようにします。

RGBAdjust(a=-1.0, ab=255)

これで、アルファのピクセル値は、a=(255-a) になります。

更新履歴:

v2.56offsets、gamma、analyze を追加

註: このページは、AviSynth 2.5.7 に同梱されているマニュアル(英語版)の日本語訳です。原文は、AviSynth をインストールしたフォルダ内の Docs/english/corefilters/adjust.htm にあります。なお、このページのテキストおよび画像のライセンスは、オリジナルのそれに準じます。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:49:04

スポンサード リンク