スポンサード リンク

AVSLib

AVSLibとは?

AVSLibは、AviSynth用の拡張ライブラリです。編集、デバッグ、配列操作などのための新しい定数や関数を追加して、AviSynthスクリプトを拡張します。

AVSLib :: Documentation Homeには、以下のような説明があります:

AVSLib :: Documentation Home

AVSlib offers a general-purpose toolkit to Avisynth script developers for enhancing their ability to perform complex linear and non-linear video editing tasks (such as creating timelines, editing and animating clips, etc.) as well as tools to debug scripts, a rich set of functions to handle script variables, new datatypes (arrays and later matrices and dictionaries) and many more.(AVSLibは、AviSynthのスクリプト開発者に、(タイムラインの作成、クリップの編集やアニメーションなどといった)複雑なリニアとノンリニアのビデオ編集作業を実行する能力を拡張するための、多目的のツールキットを提供します。そればかりでなく、スクリプトをデバッグするためのツールや、スクリプト変数や新しいデータタイプなどを処理するための関数の豊富なセットや、さらに多くのものを提供します。)

AVSLibの入手

SourceForge.net: Project Info - AVSLibからダウンロードすることができます。

ダウンロードの手順については、AviSynthのダウンロードを参考にしてください。

関連URL

AVSLibのインストール

バージョン 1.1.0

バージョン 1.0.0/1.0.1 (patch)

使用上の注意

  • バージョン 1.1.0 から Microsoft Visual C++ 2005 のランタイムが必要となりました。上記 AVSLibのインストールを参照。
  • バージョン 1.1.0 以降のバージョンへのスムーズな移行のために、1.0.x に含まれていた関数のうち将来的に削除される予定の関数については、独立した「deprecated(非推奨)」パッケージとして提供されています。これらの関数を利用するには、明示的に読み込む必要があります。

関連記事

最終更新日時: 2009-01-15 (木) 22:40:12

スポンサード リンク