AviSynthのぺーじ/インストールの確認

これは、かつて「にーやんのAviSynthのぺーじ」として公開されていたものを転載したものです。内容は古く、間違いも含まれている可能性があります。より正確で新しい情報を知りたい場合は、AviSynth 付属のヘルプや AviSynth 公式サイトを参考にすることをおすすめします。AviSynth WikiAviSynth入門なども活用してください。

スクリプトの作成手順とインストールの確認

 インストールが完了したら、簡単なスクリプトを使って、AviSynthが正常に動作するかどうかを確認してみましょう。

 あわせて基本的なスクリプトの作成手順も紹介していますので、一度、自分でスクリプトを作成して、実行してみてください。

[AviSynth付属のサンプルスクリプト]

examples.png

 AviSynthのインストールフォルダ(デフォルトでは「C:\Program Files\AviSynth 2.5」)内のExamplesフォルダにAviSynthのサンプルスクリプトがあります。

 これらのファイルを使用して、AviSynthの動作確認をすることもできます。

インストールの確認の手順

(1)メモ帳の起動

notepad1.png

 [スタート]->[プログラム]->[アクセサリ]からメモ帳を起動してください。

(2)スクリプトの作成

notepad2.png

 メモ帳にVersion()と書きます。

 Version()はAviSynthのバージョンを表示するビデオクリップを作るフィルタです。

(3)スクリプトの保存

notepad3.png

 メモ帳のメニューの[ファイル]->[名前を付けて保存]から、適当な名前をつけて保存します。

 拡張子は必ず*.avsにしてください。

 ここではtest.avsという名前で保存することにします。

notepad4.png

保存するときは[ファイルの種類]を[すべてのファイル]にしてから保存します。

(4)AVSファイルを開く

 AviSynthスクリプトファイル(AVSファイル)に対応しているアプリケーションで、さきほど保存したtest.avsを開きます。

 ここでは、Windows Media Player6.4(WMP6.4)で開いてみることにします。

 なおWindows Media Player9(WMP9)の場合は、ここで紹介している方法ではAVSファイルを開くことができません(下の囲み記事参照)。

wmp1.png

 WMP6.4はmplayer2.exeという名前で、WMP9同じフォルダにあります(7.1や8の場合も同じ)。

 環境によって異なりますが、通常は「C:\Program Files\Window Media Player」以下にインストールされていると思います。

wmp3.png

 WMP6.4を起動したら、test.avsをWMP6.4のウインドウにドラッグ&ドロップします。

[Windows Media Player9(WMP9)を使用する場合]

wmp9.png

 WMP9の場合、ドラッグ&ドロップではAVSファイルを開くことができません。

 WMP9のメニューからファイルを開くか、AVSファイルのアイコン上で右クリックして「プログラムから開く」からWMP9を選択してください。

(5)正常にインストールされている場合

wmp4.png

 上の図のように、AviSynthのバージョンが表示されれば成功です。

 AviSynthは正常にインストールされていると考えられます。

 ※上の図はAviSynth2.5.2(Test Version,October 11)のものです。

うまく行かなかったら...

 上の図のようにうまくバージョン表示されなかった場合は、次の点を確認してみてください。

  • 記述ミス
    • もう一度、test.avsをメモ帳で開いて、英語のつづりなどが間違っていないか確認してください。全角文字は使えませんので、必ず半角で書いてください。
  • 拡張子の間違い
    • AVSファイルの拡張子は*.avsになっていますか?間違って、*.avs.txtなどとなっていませんか?もう一度、保存し直すか、ファイルの名前を変更してください。
  • msvcp70.dllとmsvcr70.dllのインストール

 もしこれらの点に問題がないようであれば、AviSynthのインストール自体に失敗していることが考えられます。AviSynthをインストールしなおしてください。

最終更新日 2003年12月18日

最終更新日時: 2014-03-12 (水) 23:36:44 (1894d)