スポンサード リンク

GetChannel

GetChannel (clip, int ch1 [, int ch2, ...])
GetChannels (clip, int ch1 [, int ch2, ...])
GetLeftChannel(clip clip)
GetRightChannel(clip clip)

v2.5 より前のバージョンでは、GetLeftChannel はステレオ信号の左のチャンネルを、GetRightChannel はステレオ信号の右のチャンネルを返します。GetChannel は v2.5 から内蔵されており、マルチチャンネル信号から 1 つ以上のチャンネルを返します。GetChannels は、GetChannel の別名です。

AviSynth による仮定は行われないため、チャンネルオーダーは入力ファイルのそれによって決定されます。ステレオ 2.0 チャンネル WAV ファイルと 5.1 チャンネル WAV ファイルの場合、チャンネルオーダーは次のようになるはずです:

WAV 2 チャンネル (ステレオ):

1左チャンネル
2右チャンネル

WAV 5.1 チャンネル:

1フロント左チャンネル
2フロント右チャンネル
3フロントセンターチャンネル
4LFE*1(サブウーファー)
5リア左チャンネル
6リア右チャンネル
# 右チャンネルの情報を削除して、左チャンネルのみのモノラルクリップとして返す:
video = AviSource("c:\filename.avi")
stereo = WavSource("c:\afx-ab3_t4.wav")
mono = GetLeftChannel(stereo)
return AudioDub(video, mono)

# v2.5を使うと、こうなる:
video = AviSource("c:\filename.avi")
stereo = WavSource("c:\afx-ab3_t4.wav")
mono = GetChannel(stereo, 1)
return AudioDub(video, mono)

# AVI ファイル自身からチャンネルを取得することも可能:
video = AviSource("c:\filename.avi")
return GetChannel(video, 1)

# 「非圧縮 5.1 チャンネル WAV」音声を持つ AVI をステレオ信号に変換する:
video = AviSource("c:\divx_wav.avi")
audio = WavSource("c:\divx_wav.avi")
stereo = GetChannel(audio, 1, 2)
return AudioDub(video, stereo)

注釈 1:

すべてのファイルフォーマットは、異なるチャンネルオーダーを持っています。次の表は、いくつかのフォーマットに関するチャンネルオーダーを提供します(プラグイン作者にとって有用です :)

参考文献:チャンネル 1:チャンネル 2:チャンネル 3:チャンネル 4:チャンネル 5:チャンネル 6:
5.1 WAVフロント左チャンネルフロント右チャンネルフロントセンターチャンネルLFEリア左チャンネルリア右チャンネル
5.1 AC3フロント左チャンネルフロントセンターチャンネルフロント右チャンネルリア左チャンネルリア右チャンネルLFE
5.1 DTSフロントセンターチャンネルフロント左チャンネルフロント右チャンネルリア左チャンネルリア右チャンネルLFE
5.1 AACフロントセンターチャンネルフロント左チャンネルフロント右チャンネルリア左チャンネルリア右チャンネルLFE
5.1 AIFFフロント左チャンネルリア左チャンネルフロントセンターチャンネルフロント右チャンネルリア右チャンネルLFE

* 5.1 DTS: LFE は、(マルチチャンネル MPEG2 のように)独立したストリームである。
* AAC の仕様書(フリー版)は、インターネット上で入手不可能か?

注釈 2:

執筆時点*2では、BeSweet には依然として 2GB の壁があります。このため、5.1 チャンネル WAV のサイズは 2GB 未満になるようにしてください。さもなければ、6 つの独立した WAV ファイルにエンコードするか、HeadAC3he を使用してください。


註: このページは、AviSynth 2.5.7 に同梱されているマニュアル(英語版)の日本語訳です。原文は、AviSynth をインストールしたフォルダ内の Docs/english/corefilters/getchannel.htm にあります。なお、このページのテキストおよび画像のライセンスは、オリジナルのそれに準じます。


*1 訳者註: 低域効果。LFE は、Low Frequency Effects の略。参考: ホームシアター製品のFAQページ|サポートダウンロード|YAMAHA
*2 ここで言う「執筆時点」とは、日本語訳ではなく、英語によるオリジナルのページが執筆/編集された時のことを指します。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:48:05

スポンサード リンク