スポンサード リンク

Merge

Merge (clip1, clip2, float weight=0.5) 
MergeChroma (clip1, clip2, float weight=1.0)
MergeLuma (clip1, clip2, float weight=1.0)

これらのフィルタは、輝度、色差、またはその両方を、あるビデオクリップから別のビデオクリップへマージすることを可能にします。オプションの重み付け*1を使えば、2 つのクリップ間の比率を指定することができます。Merge は、v2.56 から内蔵されています。

clip1 は、 輝度または色差(どのフィルタを使うかによって異なる)をマージされるクリップです。つまり、その他のチャンネル(MergeLuma が使われるなら色差、MergeChroma なら輝度)は、まったく影響を受けません。

clip2 は、そこから輝度または色差が取得されるクリップです。MergeChroma では色差が取られ、MergeLuma では逆に輝度が取られます。

weight は、新しいクリップがどの程度の影響を受けるかを定義します。範囲は 0.0 から 1.0 までで、0.0 は影響なし、1.0 は指定されたチャンネルを完全に上書きします(デフォルト)。0.0、0.5、1.0 以外の weight が指定されると、このフィルタはわずかに遅くなります。

生成されるクリップのプロパティに関しては、こちらも参照してください。

# 輝度チャンネルのみぼかす。
mpeg2source("c:\apps\avisynth\main.d2v")
lumvid = Blur(1.0)
MergeLuma(lumvid)

# 色差チャンネルで空間軸平滑化を行う。色差チャンネルは、
# オリジナルの画像と 50 対 50 の割合で混ぜ合わされる。
mpeg2source("c:\apps\avisynth\main.d2v")
chromavid = SpatialSmoother(2,3)
MergeChroma(chromavid,0.5)

# 輝度チャンネルには TemporalSmoother (時間軸平滑化)と
# 弱い SpatialSmoother (空間軸平滑化)を、色差チャンネル
# にはよりきつめの SpatialSmoother を実行する。
# オリジナルの輝度チャンネルには、平滑化されたバージョンが
# 75% 付け足される。色差チャンネルは、ぼかされたバージョンに
# 完全に置き換えられる。
mpeg2source("c:\apps\avisynth\main.d2v")
luma = TemporalSmoother(2,3)
luma = luma.SpatialSmoother(3,10,10)
chroma = SpatialSmoother(3,40,40)
MergeLuma(luma,0.75)
MergeChroma(chroma)

# 2 つのビデオソースを平均化する。
avisource("c:\apps\avisynth\main.avi")
vid2 = avisource("c:\apps\avisynth\main2.avi")
Merge(vid2)

更新履歴:

v2.56Merge を追加

註: このページは、AviSynth 2.5.8 RC3 に同梱されている英語版ヘルプの日本語訳です。原文は、AviSynth をインストールしたフォルダ内の Docs/english/corefilters/merge.htm にあります。なお、このページのテキストおよび画像のライセンスは、オリジナルのそれに準じます。詳しくは、AboutLicense を参照してください。


*1 訳者註: weight パラメータのこと。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:48:51

スポンサード リンク