SearchGhostV

説明

warpsharpプラグイン(warpsharp.dll)に収録されている、縦線ゴースト検索フィルタです。

ゴースト除去(縦線)フィルタEraseGhostVで使用するための、縦線ゴーストのパターン定義ファイルを出力します。

書式

SearchGhostV(clip, int "frame", int "top", int "bottom", int "depth", string "pattern")

引数

  • clip: ビデオクリップ。
  • frame: 縦線ゴーストを検索するフレーム番号。デフォルトは0。
  • top: 検索開始ライン。デフォルトは0。
  • bottom: 検索終了ライン。デフォルトは(画像の高さ-1)。
  • depth: 検索範囲。デフォルトは1。
  • pattern: ゴーストのパターン(ログ)ファイル名。デフォルトはSearchGhostV.bin。

使用例

SearchGhostV(0,0,478,1,"C:\AviSynth\log\SearchGhostV.bin")

パターンファイルについて

searchghostv_bin.png

SearchGhostVが出力するパターンファイルは、バイナリデータです。

設定例

SearchGhostVで、より正確にゴースト検索するためには、なるべく画面上に人や物などがない(たとえば、単一色ベタ塗りの)フレームを探して、実行した方がよいようです。しかし、そのようなフレームが見つからない場合でも、ゴースト検索する範囲を、top, bottomで指定することにより、ゴーストの誤検出を抑えることができます。

  • オリジナル
    test_avi.png
  • デフォルト設定
    • スクリプト
      SearchGhostV(0, pattern="C:\avs\SearchGhostV1.bin") # 0は、ゴースト検索するフレーム番号
      
    • 結果
      searchghostv_01_default.png

画像中央にあるロゴのために、ゴーストではない部分まで、誤まって検出してしまったようです。

  • 範囲指定した場合:
    • スクリプト
      SearchGhostV(0, 0, 120, pattern="C:\avs\SearchGhostV2.bin") # top=0, bottom=120に設定
      
    • 結果
      searchghostv_02_bottom120.png

ロゴがゴースト検索の範囲に入らないように、bottom=120に設定しました*1。ゴーストの誤検出は、かなり少なくなりました。

使用上の注意

ゴースト検索&ログ出力用のフィルタです。ログ出力が完了したら、SearchGhostV記述行の行頭に#を付けてコメント化するか、行ごと削除してください。


*1 オリジナルの画像は640x480です。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:49:14 (1990d)