スポンサード リンク

Swap

SwapUV (clip)
UToY (clip)
VToY (clip)
YToUV (clipU, clipV [, clipY])

これら 4 つのフィルタは、v2.5 から利用可能です。

SwapUV は、クリップの色差チャンネル(U と V)を交換(swap)します。DivX (5.00-5.02)のバグが原因で、AviSynth v2.5 で DivX または MJPEG のクリップを読み込むときに、色が歪められる(赤の代わりに青になる、など)ことがあります。それを修正するために、このフィルタを使用することができます。

UToY は、色差の U 平面(プレーン。plane)を Y 平面にコピーします。生成される画像は、大きさが半分になります。すべての色(色差)情報は削除され、画像はグレースケールになります。

同様に VToY は、色差の V 平面を Y 平面にコピーします。生成される画像は、大きさが半分になります。すべての色(色差)情報は削除され、画像はグレースケールになります。

YToUV は、2 つのクリップの輝度チャンネルを U チャンネルと V チャンネルとして評価します。画像は 2 倍の大きさになり、輝度は 50% の灰色です。輝度の値を足したいなら、MergeLuma を使用してください。
v2.51 から、渡されたクリップの輝度チャンネルを Y チャンネルとして評価する、オプションの引数 clipY が追加されています。

v2.53 から、これらのフィルタは YUY2 でも動作します。

# 色差の U チャンネルをぼかす 
video = Colorbars(512, 512).ConvertToYV12
u_chroma = UToY(video).blur(1.5)
YtoUV(u_chroma, video.VToY)
MergeLuma(video)

註: このページは、AviSynth 2.5.8 RC3 に同梱されている英語版ヘルプの日本語訳です。原文は、AviSynth をインストールしたフォルダ内の Docs/english/corefilters/swap.htm にあります。なお、このページのテキストおよび画像のライセンスは、オリジナルのそれに準じます。詳しくは、AboutLicense を参照してください。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:49:29

スポンサード リンク