Auto24FPS

説明

warpsharpプラグイン(warpsharp.dll)に内蔵されている、AviUtlライクな自動24fps化フィルタ。

書式

Auto24FPS(clip, bool "drop", int "threshold", int "border", string "mode", bool "debug")

引数

  • clip: ビデオクリップ。
  • drop: フレーム破棄の選択。
    • true: フレーム破棄(フレームレートを4/5に)する(デフォルト)。
    • false: プログレッシブフレームの抽出のみを行う。フレームレートは維持。
  • threshold: 閾値。デフォルトは24。
  • border: 縞判定の範囲。borderの値で画像の上下左右をCropした範囲が処理対象になる。デフォルトは16。
  • mode: インターレース解除のモード。
    • "": ノーマル(デフォルト)。
    • "blend": 縞部分を二重化
    • "dot": ドットで解除。
  • debug: デバッグモードの選択。
    • true: デバッグする。
    • false: しない(デフォルト)。

使用例

Auto24FPS(true, 24, 16, "", false) # デフォルト値と同じ設定。

Tips: FrameCacheとの併用

FrameCache(9).Auto24FPS(true, 24, 16, "", false)

FrameCache フィルタでキャッシュすることにより、処理速度がアップするかもしれません。*1

使用上の注意

Auto24FPS フィルタには、フィールドオーダーを指定する引数が存在しません。このフィルタよりも前に、フィールドオーダーを指定することをおすすめします。

  • 例1: トップファーストの場合
    AssumeFrameBased().ComplementParity() # またはAssumeTFF()
    Auto24FPS(true, 24, 16, "", false)
    
  • 例2: ボトムファーストの場合
    AssumeFrameBased() # またはAssumeBFF()
    Auto24FPS(true, 24, 16, "", false)
    

*1 FrameCacheのパラメータは、参考値。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:44:53 (1986d)