スポンサード リンク

Fade

FadeIn (clip clip, int num_frames, int "color", float "fps")
FadeIO (clip clip, int num_frames, int "color", float "fps")
FadeOut (clip clip, int num_frames, int "color", float "fps")
FadeIn0 (clip clip, int num_frames, int "color", float "fps")
FadeIO0 (clip clip, int num_frames, int "color", float "fps")
FadeOut0 (clip clip, int num_frames, int "color", float "fps")
FadeIn2 (clip clip, int num_frames, int "color", float "fps")
FadeIO2 (clip clip, int num_frames, int "color", float "fps")
FadeOut2 (clip clip, int num_frames, int "color", float "fps")

FadeOut は、ビデオストリームをその終端で黒または指定された RGB 色になるように線形的にフェードアウトさせます。同様に FadeIn は、ビデオストリームを先頭の黒または指定された RGB 色から線形的にフェードインさせます。FadeIO は、FadeIn 関数と FadeOut 関数をそれぞれ組み合わせたものです。(存在するなら)音声トラックも、線形的に無音へフェードアウトまたは無音からフェードインします。フェーディングは、ビデオの最後(または最初)の num_frames フレームのみに影響します。最後(または最初)のフレームは、完全ではないがほぼ黒色(もしくは指定された色)になります。さらに真っ黒(もしくは完全に指定された色)のフレームが、最後(または最初)に追加されます。したがって、総フレーム数は 1 つ増えます。

FadeIn0 / FadeOut0 は、追加フレームを含みません。これは、音声のみのクリップを処理したり、2、3 個のフェード処理をつなげて、2 乗則または 3 乗則のフェード効果を得たいときに役立ちます。例えば Clip.FadeOut0(60).FadeOut0(60).FadeOut(60) は、ずっと急激な立ち下がりとより緩やかな収束を与えます。50% のポイントはフェードの第 12 フレームで、第 30 フレームではフェードは 12.5%、第 45 フレームで 1.6% となります。効果は、音声の方がより顕著です。

FadeIn2 / FadeOut2 は、クリップの先頭または終端に黒(もしくは指定した色の)フレームが 2 フレーム追加されるということを除けば、同じように動作します。このフィルタの主な目的は、Windows Media Player (WMP)におけるバグを回避することです。テストしたすべてのバージョンの WMP は、MPEG ファイルの最終フレームを再生することができません。代わりに WMP は、再生が終了するときに最後から 2 番目のフレームで停止します。このため FadeOut を使用すると、映像が終了するときに、目障りな、ほぼ黒だか完全には黒ではないフレームが画面上に表示されたままになります。FadeOut2 は、この問題を回避します。

color パラメータはオプションで、デフォルトは 0 <黒>、クリップのフォーマットが RGB ベースか YUV ベースかにかかわらず、RGB 値として指定されます。色指定に関する詳しい情報は、こちらを参照。

fps パラメータはオプションで、デフォルトは 24.0、音声のみのクリップにおける num_frames への参照を提供します。ビデオストリームが存在する場合は無視されます。もしサンプルアキュレートな音声の配置が必要とされるなら、fps=AudioRate()*1に設定してください。

FadeOut(clip, n) は、Dissolve(clip, Blackness(clip, n+1, color=$000000), n) (FadeOut2 は n+1 の代わりに n+2、FadeOut0 は n+1 の代わりに n)の省略形です。

更新履歴:

v2.06 までFadeIn / FadeIn2 コマンドは存在しないが、次のように Dissolve の引数を反対にすることによって同じ効果を得ることができる: Dissolve(Blackness(clip, n+1, color=color), clip, n)
v2.07FadeIO / FadeIO2 コマンドが追加される。すべてのフェード関数に color パラメータが追加される。
v2.56FadeIn0 / FadeIO0 / FadeOut0 コマンドが追加される。すべてのフェード関数に fps パラメータが追加される。

註: このページは、AviSynth 2.5.8 RC3 に同梱されている英語版ヘルプの日本語訳です。原文は、AviSynth をインストールしたフォルダ内の Docs/english/corefilters/fade.htm にあります。なお、このページのテキストおよび画像のライセンスは、オリジナルのそれに準じます。詳しくは、AboutLicense を参照してください。


*1 訳者註: AudioRate は、音声のサンプリング周波数を取得するための AviSynth 内蔵関数。クリップのプロパティ も参照。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:47:47

スポンサード リンク