スポンサード リンク

LoadPluginEx

AviSynth2.5で1.0/2.0用プラグインを使う / AviSynth1.0/2.0で2.5用プラグインを使う

プラグインの互換性

AviSynth 1.0/2.0と2.5の間には、外部プラグインの互換性がありません。つまり、AviSynth 1.0/2.0用のプラグインはAviSynth 2.5で使用することができず、逆に、AviSynth 2.5用のプラグインはAviSynth 1.0/2.0では使用することができないということです。

LoadPluginExプラグインを使えば、これらの互換性のないプラグインを使用できるようになります。

LoadPluginEx の入手

LoadPluginEx プラグインは、warpsharpパッケージに含まれています。入手先については、warpsharpパッケージを見てください。

LoadPluginEx2 について

改造版の LoadPluginEx2 も存在します。何らかの理由により、LoadPluginEx が使用できない場合はこちらを試してみてください。入手先については、warpsharpパッケージの「使用上の注意」を見てください。

注意

  • AviSynth1.0/2.0における注意
    • AviSynth1.0/2.0はYV12をサポートしていないため、AviSynth1.0/2.0では、YV12のみで動作するフィルタを使用することができません。
  • AviSynth2.5における注意
    • AviSynth1.0/2.0用のフィルタ(プラグイン)は、YV12では動作しません。そのため、クリップがYV12の場合は、Convertフィルタを使って、そのフィルタがサポートしている色空間に変換する必要があります。

使用例

  • DustV5プラグイン(AviSynth 1.0/2.0用)をAviSynth 2.5で使う
    • プラグインの読み込み*1
      LoadPlugin("D:\path\LoadPluginEx.dll")
      LoadPlugin("D:\path\DustV5.dll")
  • フィルタ実行部分
    ConvertToYUY2() #ソースクリップがYV12の場合
    FaeryDust(2)

インターフェイス・バージョン

プラグインのAviSynthインターフェイス・バージョンについて。

avisynth.hをメモ帳で開きます。

avisynth.hは、AviSynthのプロジェクトページで配布されているソースファイルに含まれています。ソースが添付されているプラグインに同梱されていることもあります。

avisynth.hの42行目前後*2に、AviSynthのインターフェイスバージョンの番号が記されています。

  • AviSynth 1.0/2.0の場合
    AVISYNTH_INTERFACE_VERSION = 1
  • AviSynth 2.5の場合
    AVISYNTH_INTERFACE_VERSION = 2

*1 プラグインのパスは環境に合わせて変更すること。
*2 AviSynthのリビジョンによって異なる可能性があります。

最終更新日時: 2008-07-18 (金) 22:30:30

スポンサード リンク