MPEG2DEC(DGDecode)プラグインでMPEG-2を読み込む

用意するもの

この方法では、MPEG2DEC(DGDecode)プラグインとDVD2AVI(DGIndex)のプロジェクトファイルを使って、MPEG-2ファイルを読み込みます。

ただし、MPEG2DEC(DGDecode)とDVD2AVIのバージョンによっては、一緒に組み合わせて利用できない場合があります。

下の互換性一覧表を参考にしながら、適当な組み合わせになるように、それぞれ入手してください。

MPEG2DEC(DGDecode)プラグイン

DVD2AVI(DGIndex)

MPEG2DEC(DGDecode)とDVD2AVI(DGIndex)の互換性一覧表

DVD2AVI
1.76
DVD2AVI
1.77.3
DVD2AVIdg
1.0.0
DVD2AVIdg
1.1.0
DVD2AVIdg
1.3.0
DGIndex色空間
MPEG2DEC×××YUY2
MPEG2DEC2×××YUY2
MPEG2Dec3××YV12
MPEG2Dec3dg
1.0.0
××YV12
MPEG2Dec3dg
1.1.0
××YV12
MPEG2Dec3dg
1.3.0
×××××YV12
DGDecode×××××YV12

※○:可、×:不可、△:DVDAVI1.76形式出力時のみ可

使用手順

1.d2v ファイルの作成

あらかじめ、d2v ファイル(DVD2AVI/DGIndex のプロジェクトファイル)を準備しておく必要があります。

DVD2AVI を使った d2v ファイルの作成方法については、DVD2AVIのプロジェクトファイルを作成するを参考にしてください。

なお、d2v ファイルを作成したあとも、エンコードが完了するまでは、ソースファイルは消さないようにしてください。

2.スクリプトの作成(例)

LoadPlugin("MPEG2DEC.dll") #オートローディング時不要
MPEG2Source("hoge.d2v")

プラグインを特定して読み込む方法

オートローディング用のディレクトリに複数のMPEG2DEC(DGDecode)プラグインを置くと、フィルタ(関数)の名前が共通(MPEG2Source)であるために、意図したプラグインで読み込めない等の問題が生じるおそれがあります。

この問題に対処するために、AviSynth 2.5.5から、プラグインを明示的に指定する方法が導入されました(DLLNAME Prefix)。

詳しくは、DLLNAME Prefixを参照。

最終更新日時: 2014-03-12 (水) 23:39:48 (1894d)