サンプルスクリプト/フレーム番号の表示(2)

概要

サンプルスクリプト/フレーム番号の表示(1)の応用版です。

Subtitleフィルタのオプション・パラメータを指定することによって、フレーム番号の位置や色などを変更します。

AviSynthには、他にもフレーム番号を表示する方法があります。詳しくは、フレーム番号を表示するを参照。

スクリプト

ScriptClip("""Subtitle(String(current_frame),[x座標],[y座標],current_frame,current_frame,"[フォント]",[サイズ],[文字の色],[縁の色])""")

使用方法

以下のパラメータを指定してから、スクリプトに貼り付けます。

  • [x座標], [y座標]: フレーム番号を表示する位置を整数で指定。
  • [フォント]: フォント。引用符で囲む。
  • [サイズ]: 文字のサイズを整数で指定。
  • [文字の色]: 文字の色を16進数または10進数で指定。
  • [縁の色]: 文字の縁の色を16進数または10進数で指定。

Subtitleフィルタには、ほかにalignとspcの2つのパラメータがありますが、ここでは省略しています。

色指定の方法については、Colorsを参照。AviSynth v2.5.5以降のバージョンであれば、ColorPresetsを利用することもできます。

使用例

スクリプト例

ColorBars(320, 240) # ソースクリップ
ScriptClip("""Subtitle(String(current_frame),24,24,current_frame,current_frame,"Arial",48,$ffffff,$0000ff)""")

上記の例における各パラメータの値は以下のとおり:

  • [x座標], [y座標]: 24, 24
  • [フォント]: "Arial"
  • [サイズ]: 48
  • [文字の色]: $ffffff
  • [縁の色]: $0000ff

current_frameは変更しません。

プレビュー画面

f.png

今回、使用したフィルタ

関連ページ

  • フレーム番号を表示する
最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:51:14 (2819d)