フレーム番号を表示する

AviSynthでは、以下の方法によって、フレーム上にそのフレームの番号を表示させることができます。

ShowFrameNumberフィルタ

AviSynth内蔵のShowFrameNumberフィルタを利用する方法です。

ここでは簡単な使用例を紹介しておきます。ShowFrameNumberの書式や引数については、ShowFrameNumberを参照。

例1: デフォルト値

スクリプト例

ShowFrameNumber() # ShowFrameNumber(false)/ShowFrameNumber(scroll=false)に同じ

スクリーンショット

showframenumber_default.png

デフォルト値では、画面の右端に縦に並ぶ形で、フレーム番号が表示されます。

例2: scroll=true

スクリプト例

ShowFrameNumber(true) # ShowFrameNumber(scroll=true)に同じ

スクリーンショット

showframenumber_scroll_true1.png showframenumber_scroll_true2.png

再生すると、フレーム番号が上から下へスクロールします。

例3: その他のオプション(v2.5.6以降)

v2.5.6から、オプションの引数として、offset, x, y, first_frame, last_frame, font, size, text_color, halo_colorが追加されています。

offsetで指定した値がフレーム番号に加算されます。それ以外の引数は、Subtitleのそれと同じです。

x, yで座標を指定すれば、任意の位置に固定表示させることも可能です。

スクリプト例

ShowFrameNumber(x=24, y=48, size=36, text_color=$ffffff, halo_color=$ff00ff)

x=24, y=48に設定しました。

スクリーンショット

showframenumber_option_specified.png

scroll=true/falseのどちらでも、固定した位置に表示されます。

ScriptClipを利用する

ScriptClipSubtitleを組み合わせる方法です。

以下のページを参照。

FrameNumberプラグイン

外部プラグインのFrameNumberを利用する方法です。

詳しくは、FrameNumberを参照。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:51:27 (2079d)