AviSynth用VFAPIプラグイン

VFAPIプラグインとは?

VFAPIプラグインとはどのようなものでしょう?めざせ!あにぺぐ 非公認小ネタ集

VFAPIとはVideo File APIの略で、もともとTMPGEncで読み込めるフォーマットを増やすことを目的に堀さんが設計したものです。現在は主に動画編集ソフトが保存するプロジェクトファイルを他のアプリケーションで読み込ませるときに使われています。

AviSynthでも、下記のAviSynth用VFAPIプラグインをインストールすることによって、AviSynthに対応していないVFAPI対応ソフトウェアで、直接、AVSファイルを開くことができるようになります。また、VFAPI Reader Codec付属の変換ツールを使って、AVSファイルの疑似AVI化も可能になります。

なお、VFAPI対応ソフトウェアのファイル*1の読み込みについては、AviSynth内蔵のLoadVFAPIPluginフィルタで行うことができます。

AviSynth用VFAPIプラグイン

AviSynth用のVFAPIプラグインには、ReadAVS.dllとDGVfapi.vfpの2つがあります。

ReadAVS.dll

ReadAVSを参照。

DGVfapi.vfp

DGVfapi.vfpを参照。

avsinp.aui

AviUtlの場合、warpsharpパッケージに同梱されているAviUtl入力プラグイン(avsinp.aui)を使って、AVSを開くことができます。ただし、avsinp.auiは、VFAPIプラグインではありません

詳しくは、avsinp.auiを参照。

ReadAVS.dllとDGVfapi.vfpの違い

ReadAVS.dllとDGVfapi.vfpには、対応しているファイルの種類やカラーフォーマットに違いがあります。

  • 対応しているファイル
    • ReadAVS.dll: AviSynthスクリプト・ファイル(AVS), VirtualDubのフレームサーバー・ファイル(VDR)
    • DGVfapi.vfp: AviSynthスクリプト・ファイル(AVS), DGIndexのプロジェクト・ファイル(D2V)
  • 対応しているカラーフォーマット
    • DGVfapi.vfpは、YV12フォーマットのAVSにも対応*2

VFAPIプラグイン(入力プラグイン)の優先度を変更する

TMPGEncやAviUtlでは、VFAPIプラグインやその他の入力プラグインの優先度を変更することができます。優先度により、AVSファイルの読み込みに使われるプラグインが決定されます。

詳しくは、VFAPIプラグインの優先度を参照。

VFAPI Reader Codec

AviSynth用VFAPIプラグインをインストールすることによって、AVSファイルをVFAPI Reader Codec形式の参照AVIファイルに変換することが可能になります。

詳しくは、VFAPI Reader Codecを参照。

参考


*1 *.tpr、*.aupなど。
*2 RGB24以外のAVSファイルは、RGB24に変換されます。

最終更新日時: 2006-02-01 (水) 00:34:34 (4980d)