DGVfapi.vfp

DGVfapi.vfpとは?

dgvfapi_vfp.png

DGVfapi.vfpは、Donald Graft(neuron2)氏作成のVFAPIプラグインです。DGMPGDec MPEG1/2 Decoder and Frame Serverに同梱されています。

DGVfapi.vfpをインストールすることにより、DGIndex.exeで作成したd2vファイルとAviSynthのAVSファイル*1を、VFAPI対応ソフトウェアで開くことができるようになります。また、VFAPI Reader Codec付属の変換ツールを使って、AVSファイルの疑似AVI化を行うことも可能になります。

AviSynth用VFAPIプラグインには、ほかにReadAVSがあります。

DGVfapi.vfpの入手

DGMPGDec MPEG1/2 Decoder and Frame Serverからダウンロードすることができます。

ダウンロード後、zipファイルを解凍してください。

DGVfapi.vfpのインストール

dgindex_exe.png

DGVfapi.vfpは、DGIndex.exe(DGMPGDec MPEG1/2 Decoder and Frame Serverに同梱)を起動するだけでインストールすることができます(VFAPIプラグインとしてレジストリに登録されます)。

dgindex_vfapi_enabled.png

このとき、DGIndex.exeの[Help]メニューの[VFAPI Plug-In]にチェックが入っていることを確認してください。必要なファイル(下記のDGVfapi.vfpの動作に必要なものを参照)が正しい場所にあるときに、自動的にチェックが入ります。

DGVfapi.vfpの動作に必要なもの

dgvfapi_vfp.pngdgdecode_dll.pngdgindex_exe.png

DGVfapi.vfpは、DGDecode.dll(DGMPGDec MPEG1/2 Decoder and Frame Serverに同梱)を使用します。

このため、DGVfapi.vfp、DGDecode.dll、そしてDGIndex.exeは、同じディレクトリに置かなければなりません。また、これらのファイルをリネームしてもいけません。

DGVfapi.vfpのアンインストール

DGVfapi.vfpのアンインストール方法について説明します。

以下の方法では、レジストリ エディタを使って、レジストリを変更します。誤って別の情報を削除すると、システムの動作に影響が出る可能性もあります。以下の方法を実行する場合は、自己責任で行ってください。

なお、レジストリ エディタの使い方については、レジストリエディタの使い方が参考になります。

1.レジストリ エディタの起動

startmenu_to_open_regedit.png

スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

open_regedit.png

名前欄に「regedit」と入力して「OK」をクリックすると、レジストリ エディタが起動します。

2.レジストリの変更

Windowsのエクスプローラの要領で、

HKEY_CURRENT_USER\Software\VFPlugin

へ移動します。

uninstall_dgvfapi_vfp.png

DGVfapi.vfpは「DGIndex」というキー名で登録されています。「DGIndex」の上で右クリックして、メニューから「削除」を選択します。

これでDGVfapi.vfpのアンインストール作業が完了しました。

ただし、この状態でDGIndexを起動すると、DGVfapi.vfpがまたレジストリに登録されます。何らかの理由によりDGVfapi.vfpを使用したくない場合は、DGVfapi.vfpを別のディレクトリに移動するかリネームします。


*1 AVSに対するサポートは、DGMPGDec 1.4.0で追加されました。

最終更新日時: 2005-12-06 (火) 23:54:28 (5068d)