LoadAviUtlInputPlugin

説明

LoadAviUtlInputPluginは、warpsharpプラグインに収録されているフィルタの1つです。

AviUtl用の入力プラグインを利用することによって、MPEG-2などのクリップを読み込むことが可能になります。

必要なもの

AviUtl入力プラグインのリスト

AviUtl用の入力プラグインには、次のようなものがあります。

書式

LoadAviUtlInputPlugin(string path, string name[, bool "copy"])

引数

  • path: 入力プラグインまでのパス。
  • name: クリップを読み込むときに使用する関数の名前(任意の名前を指定可能)。
  • copy: 入力プラグインのコピーを作成するか否かの選択。デフォルトはfalse(省略可)。

使用例

MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In(m2v.vfp)を使って、MPEG-2ファイルを読み込む

  • 注意
    m2vconf_exe.png
  • m2v.vfpを利用する前に、あらかじめ、m2vconf.exeを使って、設定を行っておく必要があります。使用方法等については、MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-Inのページ、および付属の説明書を参考にしてください。
  • LoadPlugin("C:\Plugins\warpsharp.dll") #プラグインを自動読み込みする場合は不要
    LoadAviUtlInputPlugin("C:\marumo\m2v.vfp", "MPEG2VIDEO")
    MPEG2VIDEO("C:\Source\hoge.m2v")
    
  • m2v.vfpはリネームせずに、そのまま使用してください。
  • パスは各自の環境に合わせて変更してください。
最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:48:37 (2016d)