VFAPI Reader Codec形式に変換

はじめに

このページでは、VFAPI Reader Codec付属の変換ツール(VFAPIConv.exe)を使って、AviSynthスクリプト(AVSファイル)をVFAPI Reader Codec形式の参照AVIに変換する手順を紹介します。

なお、以下の方法を実行するためには、前もってAviSynth用VFAPIプラグインとVFAPI Reader Codecをインストールする必要があります。

手順

1.VFAPIConv.exeの起動

vfapiconv_exe.png

VFAPIConv.exeをダブルクリックして起動します。

2.ジョブの追加

vfapiconv.png

「ジョブを追加」をクリックします。

vfapiconv_to_open_avs.png

変換したいAVSファイルを選択し、「開く」をクリックします。すると、以下のような「ジョブの追加」画面があらわれます。

vfapiconv_to_add_jobs.png

「ジョブの追加」画面では、出力先(および出力ファイルの名前)の変更とオプションの選択が可能です。

出力先

出力先は、デフォルトでは、ソースと同じディレクトリに

ファイル名_拡張子_vfapi.avi

という名前で保存されます。

例えば、ソースのAVSファイルがtest.avsという名前なら、デフォルトの出力ファイル名は

test_avs_vfpai.avi

になります。

オプション

オプションの内容は、以下の通り:

  • 映像を出力する
    • 映像を出力するかどうかの選択。
  • 音声を出力する
    • 音声を出力するかどうかの選択。
  • 映像部に VFAPI Reader Codec(参照形式)を使用する
    • 映像部にVFAPI Reader Codecを使用するかどうかの選択。チェックを外すと無圧縮で出力。「映像を出力する」がオフだと選択できない。

ジョブの編集/削除

vfapiconv_menu.png

追加したジョブの出力先やオプションを変更したり、ジョブを削除したい場合は、ファイル名の上で右クリックして、コンテキストメニューから選択します。

また、ファイル名を選択した状態で「ジョブを削除」ボタンをクリックすることで、ジョブを削除することもできます。

vfapiconv_to_edit_jobs.png

「ジョブの編集」をクリックすると、編集画面があらわれます。ここでは、「ジョブを追加」と同様に、出力先とオプションを設定することができます。

3.変換

ジョブは複数登録することが可能です。VFAPI Reader Codec形式に変換したいAVSファイルをすべて登録し終わったら、「実行」をクリックします。

vfapiconv_start_jobs.png

登録したジョブは、連続して実行されます。

vfapiconv_complete_jobs.png

変換が完了すると、「状況」欄に「正常に完了しました。」というメッセージが表示されます。

vfapi_converted_avi.png

指定した出力先にVFAPI Reader Codec形式のAVIファイルがされます。

使用上の注意

映像が出力されないとき

RGB32フォーマットのAVSファイルをVFAPI Reader Codec形式に変換したところ、出力されたAVIファイルを開くことができませんでした(VirtualDub使用)。

このようなときは、Convertフィルタを使って、他のカラーフォーマットに変換してみてください。

たとえば、RGB24に変換するなら、AVSファイルの最後(return文がある場合は、それよりも前)に、次の一行を追加します。

ConvertToRGB24()

参考

最終更新日時: 2006-01-13 (金) 23:51:41 (5051d)