WAVI

概要

WAVI(wavi.exe)は、AVI ファイルまたは AVS ファイルから最初の非圧縮 PCM 音声トラックを抽出して、WAV ファイルに保存するためのコマンドラインツール。なお、同様の機能を持つツールに、avs2wav がある。

同梱されている SILENCE(silence.exe)は、無音の WAV ファイルを生成するためのコマンドラインツール。

オリジナル版の作者は、alv42(Tamas Kurucsai)氏。tebasuna51 氏や Chikuzen 氏による修正版も出されている。

WAVI の入手

オリジナル

SourceForge.net: WAVI - save WAV from AVI/AVS から入手可能です。

wavi 1.06 fixed by tebasuna51

tebasuna51 氏による wavi 1.06 の修正版が、以下のページから入手可能となっています。

» SourceForge.net: WAVI - save WAV from AVI/AVS: Detail: 2957741 - bug in wav header

WAVI 1.06m by Chikuzen

Chikuzen 氏による修正版。2011-06-18 時点では、これが最新。上の tebasuna51 氏による修正パッチも取り込まれている。

» Fix crash of wavi - Doom9's Forum

WAVI のライセンス

  • GNU General Public License(GPL)

WAVI の使用法

wavi <avi-file> [ <wav-file> [ /R | /X | /M <mask> ] ]

WAVI のパラメータ

  • avi-file: PCM 音声を持つ AVI/AVS ファイル。
  • wav-file: 出力 WAV ファイル。「-」で標準出力に切り替わる。指定なしなら、音声トラックの情報のみ表示。
  • /R: WAV ヘッダなしでサンプルの raw(生)ファイルを書き出す。
  • /X: マルチチャンネル音声に対し、デフォルトのチャンネルマスクを含む拡張 WAV ヘッダを書き出す。
  • /M <mask>: マルチチャンネル音声に対し、指定されたチャンネルマスクを含む拡張 WAV ヘッダを書き出す。

チャンネルマスクおよびその他の情報については、ヘルプを参照(ヘルプの出し方については、下記参照)。

SILENCE の使用法

silence <wav-file> -f -l <length> -c <channels> -s <sample-rate> -b <bits-per-sample>

SILENCE のパラメータ

  • <wav-file>: 出力 WAV ファイル。指定なしなら、標準出力に書き出される。
  • f: 浮動小数点サンプルが使用されることを伝える。
  • l: 音声トラックの長さ(秒単位)。デフォルト: 1.0。
  • c: 音声チャンネルの数。デフォルト: 1。
  • s: サンプリング周波数。デフォルト: 48000。
  • b: サンプルあたりのビット数。デフォルト: 16。

ヘルプの出し方

WAVI および SILENCE のヘルプは、パラメータなしで起動することで表示することができます。たとえば、コマンドプロンプトで、以下のように入力します。

cd /d <WAVI のあるフォルダのパス>
wavi

WAVI がカレントドライブにある場合、cd コマンドの /d オプションは不要です。WAVI のあるフォルダのパスは、フォルダをコマンドプロンプトのウィンドウにドラッグ&ドロップすることで入力することができます。

関連ページ

最終更新日時: 2011-06-18 (土) 00:33:12 (3069d)