immaread

immaread とは?

immaread は、ImageMagick ベースの画像リーダーフィルタです。immaavs プラグインに収録されています。

v1.34 現在、E-Male 版と Wilbert 版の immaavs プラグインでは、収録されているフィルタに違いがあります。以下、それぞれのバージョンごとに分けて説明を行います。E-Male 版と Wilbert 版の違いやそれぞれの入手先、および使用法については、immaavs を参照。

収録されているフィルタ

E-Male 版

静止画用の immareadpic、アニメーション用の immareadanim、ImageSequenceと同じ書式を持つ immareadseq の 3 種類があります。

これらのフィルタは、入力として URL や ImageMagick の内部画像(例: "magick:rose")も受け入れます。

Wilbert 版

v1.34 現在、読み込み用のフィルタは ImmaRead のみです。他に書き出し用の ImmaWrite もあります。

対応フォーマット

E-Male 版

90以上の主要な画像フォーマットに対応しています。詳しくは、ImageMagick: Formatsを参照。

生成されるビデオファイルは、フレームレートが 10 fps*1、色空間は RGB32(アルファチャンネル含む)になります。

Wilbert 版

v1.34 現在、サポートされているフォーマットは以下のとおりです(immaavs.htm より):

  • bmp, bmp3/4, dds, dpx, gif, jng, jpg, jp2, mng, pbm, pcx, pgm, png, pnm, ppm, psd, svg (不完全), tga, tiff, wmf
  • アルファチャンネル付きフォーマット: gif, jng, png, tiff;
  • アニメーション: gif, mng, psd animations
  • マルチページ: ppm, tiff
  • 8 bit グレースケール画像(アルファチャンネルあり/なし)
  • RAW デジタル写真(3fr, arw, crw, cr2, dng, erf, kdc, mrw, nef, orf, pef, raf , x3f)
    • 注: RAW 画像を読み込ませるには、あらかじめ dcraw を使用して pnm 形式に変換しておく必要がある。niiyan/2008-04-03 を参照。

すべて RGB32 でオープンされ、GIF アニメのフレーム数はアニメ内の画像の数と等しくなります。

書式

E-Male 版

immareadpic(静止画用)

immareadpic("画像ファイルのパス") # URL/ImageMagick内部画像も可

immareadanim(アニメーション用)

immareadanim("画像ファイルのパス") # URL/ImageMagick内部画像も可

immareadseq(ImageSequenceと同じ書式)

immareadseq("画像ファイルのパス"[, start, stop, fps, textmode, posx, posy]) # URL/ImageMagick内部画像も可

オプションのパラメータについては、ImageSequenceプラグインに付属している"ImageSequence ReadMe.avs"を参照。

immaread

immaread(string filename)

Wilbert 版

ImmaRead (string filename, int start, int end, int size, bool animation, bool info, string magick_home)

上記のシンタックスは、v1.34 現在のものです。パラメータの意味については、付属のヘルプ(immaavs.htm)を参照してください。

使用例

以下の使用例は、E-Male 版を使ったものです。Wilbert 版については、付属のヘルプ(immaavs.htm)を参照してください。

例1: GIFアニメーションを読み込む

  • スクリプト
    # GIFアニメーションを読み込む
    immareadanim("C:\Images\dog0.gif")
    
  • スクリーンショット(プレビュー画面)
    immareadanim_gifanime_preview.png
  • スクリーンショット(VirtualDubModのファイル情報)
    immareadanim_gifanime_info.png
    10fps、RGB32になっている。

例2: ImageMagick内部画像を読み込む

  • スクリプト
    # バラの画像を読み込む
    immareadpic("magick:rose")
    

例3: immareadseqでオプション指定する

  • スクリプト
    # textmode=1(ファイル名の表示)
    immareadseq("C:\Images\dog0.gif", textmode=1) # 名前付きで引数を指定する
    
  • スクリーンショット
    immareadseq_textmode_1.png
    "posx=x, posy=y"(x, yは数字)を指定することで、テキストの位置を変更することも可能。

関連ページ


*1 immareadseq で fps を指定していない場合。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:50:00 (2016d)