niiyan/2005-04-03

niiyan

ShowAUFInfo.exeのページを追加

  • 旧AviSynthのぺーじからの移行分です。
  • 別途、AviSynthでAviUtlのプラグインを使う方法をまとめたページとLoadAviUtlFiterPluginのページも追加予定。

DeGrainMedian Version 0.6, April 2, 2005

  • 変更点

    fixed some bugs with YUY2. Thanks to AVIL for report.

GetSystemEnv v0.1.0 by stickboy

  • 作者 / stickboy
  • 説明 / 環境変数を取得するためのプラグイン
  • サポート状況 / [2.5] [ - ]
  • プラグイン / GetSystemEnv.dll
  • URL / http://www.avisynth.nl/stickboy/
  • GetSystemEnv
    • 指定された環境変数に関連した文字列を返す。
  • 書式
    GetSystemEnv(string varName)
    
  • 使用例1
    • スクリプト
      LoadPlugin("C:\AviSynth\Plugins\GetSystemEnv.dll")
      ColorBars(320,240)
      val = GetSystemEnv("os") # 環境変数OSを取得し、変数valに代入
      Assert(Defined(val)) # 指定した環境変数が見つからなかった場合、エラー表示
      Subtitle(val, font="MS ゴシック") # val(環境変数)を表示, 日本語を含む変数用にフォント指定
      return last
      
    • スクリーンショット
      getsystemenv_getsystemenv_os.png
  • 使用例2: 環境変数として存在しない文字列を指定した場合
    • スクリプト
      LoadPlugin("C:\AviSynth\Plugins\GetSystemEnv.dll")
      ColorBars(320,240)
      val = GetSystemEnv("hogehoge") # 環境変数hogehogeを取得?
      Assert(Defined(val)) # 指定した環境変数が見つからなかった場合、エラー表示
      Subtitle(val, font="MS ゴシック") # val(環境変数)を表示, 日本語を含む変数用にフォント指定
      return last
      
    • スクリーンショット
      getsystemenv_error.png
      hogohogeという環境変数は存在しないため、エラーが発生。スクリプト4行目のAssert文により、このようなエラー画面が出る。

      (2005-04-04 追記)v0.1.1からは、環境変数として存在しない文字列を指定した時に、エラーを返すようになりました。niiyan/2005-04-04を参照。
  • GetWorkingDir
    • カレントの作業ディレクトリのフルパスを返す。
  • 書式
    GetWorkingDir()
    
  • 使用例1
    • スクリプト
      LoadPlugin("C:\AviSynth\Plugins\GetSystemEnv.dll")
      ColorBars(320,240)
      val = GetWorkingDir() # 作業ディレクトリを取得し、変数valに代入
      Subtitle(val, font="MS ゴシック") # val(作業ディレクトリ)を表示, フォントにMS ゴシックを指定
      return last
      
    • スクリーンショット
      getsystemenv_getworkingdir.png
      AVSファイルのあるフォルダが作業フォルダになっている。
  • 使用例2: SetWorkingDirで作業フォルダを指定した場合
    • スクリプト
      LoadPlugin("C:\AviSynth\Plugins\GetSystemEnv.dll")
      SetWorkingDir("D:\Capture") # SetWorkingDirを使って作業フォルダを指定
      ColorBars(320,240)
      val = GetWorkingDir() # 作業ディレクトリを取得し、変数valに代入
      Subtitle(val, font="MS ゴシック") # val(作業ディレクトリ)を表示, フォントにMS ゴシックを指定
      return last
      
    • スクリーンショット
      getworkingdir_setworkingdir.png
      SetWorkingDirで指定したフォルダが表示されている。
最終更新日時: 2014-03-12 (水) 23:41:14 (2385d)