niiyan/2007-01-31

SoundOut 0.9.6 beta(音声出力プラグイン)

  • 音声出力プラグイン。sh0dan 氏作。
  • 変更点(SoundOut 0.9.6 beta - Sound Output Plugin [01/30/07] - Doom9's Forum より)
    • 完全なスクリプトのカスタマイズを追加。
    • スクリプトから出力ファイルを設定できるようになった。
    • スクリプトにウィンドウを自動的に閉じる(autoclose)オプションを追加。
    • プログレスウィンドウを無効化するためのオプションをスクリプトに追加。
    • GUI はメッセージを処理するスレッドを生成(GUI creates message handle thread.)。
    • 出力フィルタがうまく初期化した場合には、設定がレジストリに保存されるようになった。
    • ドキュメントを更新。
  • SoundOut.html には、以下の使用例が掲載されています。
    SoundOut(output = "mp3", filename="c:\outputFile.mp3", autoclose = true, showprogress=true, mode = 2, cbrrate = 192)
    
    • output = "mp3": 出力モジュールとして MP3 モジュールを選択。
    • filename="c:\outputFile.mp3": 出力ファイル名をフルパスで指定。
    • autoclose = true: エンコード終了 5 秒後に、プログレスウィンドウを閉じる。デフォルトは false。
    • showprogress=true: プログレスウィンドウを表示。デフォルトは true。
    • mode = 2: CBR モードを選択。VBR は mode=0(デフォルト)、ABR は mode=1。MP3 用のパラメータ。
    • cbrrate = 192: CBR エンコード用のビットレートを 192 kbps に設定。デフォルトは 128。

DEDUP VFR tool (deduptc.exe)(VFR ソースで DeDup プラグインを使うためのツール)

  • VFR(可変フレームレート)のソースで DeDup*1 プラグインを使うためのコマンドラインツール。
  • ソースのタイムコードファイルと DeDup のタイムコード v2 ファイルを組み合わせて、DeDup によって重複フレームを削除され再圧縮されたビデオで新しい mkv を多重化するときに使われるタイムコード v2 ファイルを生成する。

    (deduptc.exe のヘルプ*2より)

    So this program can combine the source's timecodes file with the DEDUP's timeco- des v2 file to create a timecodes v2 file that can be used when muxing a new mkv for the deduped and recompressed video.

  • 書式(deduptc.exe のヘルプより)
    deduptc -f [fps] -tc2 [Source's timecodes v2 file] -dedup [DEDUP's timecodes v2 file] -o [output timecodes v2 file]
  • LeiMing 氏作。
  • (2007-02-01 23:03:44 追記)このツールを使わなくても、DeDup の timesin パラメータを使用すれば、プラグイン単体で同様のことが出来るようです。

    A small tool for Dedup when you miss the chance to use "timesin" parameter - Doom9's Forum

    squid_80 wrote:

    OK, let's say we extract a vfr stream from a mkv file, which gives a timecode file called oldvfrtimes.txt.(mkv ファイルから VFR ストリームを抽出して、oldvfrtimes.txt というタイムコードファイルを出力する。)
    We run the dedup filter on this stream, with parameters timesin="oldvfrtimes.txt", times="newvfrtimes.txt".(timesin="oldvfrtimes.txt", times="newvfrtimes.txt" というパラメータを使って、このストリームに DeDup フィルタを適用する。)

    The "newvfrtimes.txt" file will be the same as "oldvfrtimes.txt" except the timecodes for duplicate frames will have been removed. How is that different from what this tool does?((DeDup が出力する)"newvfrtimes.txt" は、重複フレームに関するタイムコードが削除されていること以外は "oldvfrtimes.txt" と同じである。これとこのツール(deduptc.exe)が行うことに、どのような違いあるのか?)

サイト内検索を Namazu に変更

  • サイト内検索を PukiWiki の検索プラグインから、全文検索システム Namazu に切り替えました。
  • PukiWiki の検索プラグインだと重くて検索できない(できても、結果が表示されるまでに時間がかかる)ことがしばしばあったので、XREA で最初からインストールされている Namazu を使うことにしました。Namazu はインデックス型なので、動作が軽いと思います。
  • 当面は様子を見ながらの運用になります。今後の状況次第では、PukiWiki の検索に戻したり、別の検索エンジンに切り替える可能性がないわけではありません。
  • この件について何か意見があれば、FeedBackAboutAviSynthWiki に掲載されているメールアドレスまで連絡してください。
  • なお、PukiWiki で Namazu を使用する方法については、Oceansoft Library - Pukiwikiの改造 を参考にさせていただきました。

*1 その他のプラグインを参照。
*2 引数なしでコマンドラインから実行したときに表示される。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:50:18 (2046d)