niiyan/2007-02-20

TIVTC - 02/19/2007 v1.0.1(逆テレシネプラグイン)

  • 変更点(TDeint and TIVTC - Page 47 - Doom9's Forum より)

    tfm:

    + Support d2v file format v16(d2v ファイルフォーマット v16 に対応)

    - fixed a bug in tfmpp destroying hints(tfmpp の hints を壊すバグを修正)

    - fixed generating ovr help info about combed frames in output files when PP=0(PP=0 時に出力されるファイルにおけるコーミングのあるフレームに関する ovr ヘルプ情報の生成を修正)

    tdecimate:

    - fixed reading in tfm output files created with PP=0(PP=0 時に出力される TFM 出力ファイルの読み込みを修正)

    - fixed a bug in destroying hints on frame output(フレーム出力時に hints を破壊するバグを修正)

    - fixed a bug in drop/keep frame overrides in the last cycle of a video if the cycle was not full length(ビデオの最後のサイクルが不完全な長さである場合の、その最後のサイクルにおけるドロップ/キープフレームのオーバーライド(overrides)におけるバグを修正)

Shock フィルタ(AVSShock-2007.02.19)(シャーププラグイン)

  • Shock フィルタとは?

    New sharpening plugin: Shock Filter - Doom9's Forum

    This Shock Filter sharpens edges of images by applying erosions or dilations depending on the sign of the Laplacian (or the so called Haralick-Canny edge detector).

    (このショックフィルタは、ラプラシアン*1(あるいは、いわゆる Haralick-Canny のエッジ検出器)の符号により浸食(erosion)または膨張(dilation)を適用することによって、画像のエッジをシャープ化する)

  • 重要: このプラグインは米国特許(U.S. Patent) 5.664.513 を侵害していると思われるため、アメリカ国内での配布や使用は禁止される、とのこと(New sharpening plugin: Shock Filter - Doom9's Forum より)。
    • ドイツの Doom9 で配布されているのもこのため。
  • C プラグインなので、使用する際には、前もって AviSynth_C.dll を読み込み、AVSShock.dll を読み込む時には LoadCPlugin 関数を使用する必要がある。
    # 例:
    LoadPlugin("パス\AviSynth_C.dll")
    LoadCPlugin("パス\AVSShock.dll")
    
  • 2008-02-24 00:58:58 追記: 2008-02-23 版から AviSynth_C.dll の読み込みが不要になりました。niiyan/2008-02-24 を参照。
  • YUY2 と YV12 をサポート。

fft3dgpu の CUDA 対応について


最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:50:20 (2080d)