niiyan/2007-06-06

透過性ロゴフィルタ version 0.04(半透明のロゴを付加/除去)

  • 変更点(readme.txt より)

    2007/06/06 ver 0.04 ・depthが効かない場合があるバグを修正

    ・yc_y,yc_u,yc_vの効きが弱いバグを修正

AvsP version 1.4.0(タブ型AviSynthスクリプトエディタ)

  • おもな変更点(New AviSynth tool - AvsP v1.4.0 (6/5/07) - Page 38 - Doom9's Forum より)
    • オートマチックユーザスライダの実装(実験段階のため、デフォルトではオフ)
      • 有効化する手順については、下記参照。
    • 翻訳ファイルの更新手順の簡略化
    • シングルインスタンスオプションの追加。
    • 翻訳ファイルのインポートに関する問題を修正。
    • Unicode文字に関するバグを修正。
    • 詳しくは、New AviSynth tool - AvsP v1.4.0 (6/5/07) - Page 38 - Doom9's Forum(英語)を参照。
  • オートマチックユーザスライダを有効にする方法
    1. 「Options(オプション) -> Program settings...(プログラム設定)」から、「User sliders(ユーザスライダ)」タブで、最初のチェックボックス(「Create user sliders automatically(ユーザスライダを自動で生成する)」をチェックする。
    2. テキストファイルとして提供されているデータベースをインポートする。AvsP を起動し、「File(ファイル) -> Import filter customizations(フィルタのカスタマイズのインポート)」で、autoslider_database.txt(AvsP に同梱)をコールチップのみ(calltip-only)のテキストファイルとして選択。データベースに含まれるすべてのフィルタのリストが表示されるので、OK をクリック。特定のフィルタのコールチップを更新したくない場合は、OK を押す前にフィルタの隣にあるチェックボックスをオフにする。これによりコールチップの情報が更新される。
  • 今回はディレクトリ構造が変更されていないため、1.3.9 から 1.4.0 へのバージョンアップは単純に上書きするだけでも大丈夫なようです。より安全なバージョンアップの方法については、AvsP を参照。
  • 日本語化用の言語ファイルを 1.4.0 向けに更新しました。下記の管理人のブログから入手可能です。
  • 古い言語ファイルのままで AvsP v1.4.0 を起動すると、下の図のようなメッセージが表示されます。
    avsp_translation_update.png
    これは、新しいバージョンで追加されたメニューやメッセージを言語ファイルに追記したことを示すものです。AvsP 使用には、何の支障もありません。もしこのメッセージが表示されたら、いったん AvsP を終了し、v1.4.0 用の言語ファイルに差し替えてください。

MVTools v1.6.4(動きの評価と補償のための関数集)

  • 変更点

    MVTools

    1.6.4 (30.05.2007 by Fizick)

    • MVAnalyse: modified vectors order for Enhausted search (expanding squares).
    • MVAnalyse: fixed bug with dct=3.
    • MVFlowFps, MVFlowFPS2, MVFlowInter: now blend frames with bad motion estimaton (at scenechanges, flashes).
    • MVFlowFps, MVFlowFPS2: fixed bug with thSAD parameter (and correspondent mask).
最終更新日時: 2014-03-12 (水) 23:51:22 (2821d)