vfapi2.avs

vfapi2.avsについて

vfapi2.avsは、VFAPIソース入力用の関数定義ファイルです。
暮葉(未定)氏作のvfapi.avsを参考に作成しました*1

vfapi.avsとの違いは、どのVFAPIプラグインを使用して読み込むべきファイルであるのかを、拡張子から自動的に判別する点です。
そのため、フィルタ設定が、より簡単になっています。

vfapi2.avs

次のスクリプトをメモ帳にコピーして、vfapi2.avsという名前で保存してください。

#//--- *.vfpのディレクトリ指定 ---//
global tprDir = "C:\Program Files\TMPGEnc\"
global qtrDir = "C:\Program Files\TMPGEnc\"
global strDir = "C:\Program Files\TMPGEnc\"
global aupDir = "C:\Program Files\aviutl98d\"
global d2vDir = "C:\Program Files\DVD2AVI_176+\"
global m2vDir = "C:\Program Files\m2v_vfp-0.6.48\"

#//--- メイン関数 ---//
function VFAPISource(string "projectfile")
{
vfp_path = (RightStr(projectfile, 3) == "tpr") ? tprDir + "TMPGEnc.vfp" :
\ ((RightStr(projectfile, 3) == "mov") || (RightStr(projectfile,2) == "qt")) ?
\ qtrDir + "QTReader.vfp" :
\ (RightStr(projectfile, 3) == "str") ? strDir + "CSTR.VFP" :
\ (RightStr(projectfile, 3) == "aup") ? aupDir + "aviutl.vfp" :
\ (RightStr(projectfile, 3) == "d2v") ? d2vDir + "DVD2AVI.vfp" :
\ ( (RightStr(projectfile, 3) == "m2v") || (RightStr(projectfile, 3) == "mpg") ||
\ (RightStr(projectfile, 4) == "mpeg") || (RightStr(projectfile, 3) == "mpv") ||
\ (RightStr(projectfile, 3) == "vob") || (RightStr(projectfile, 3) == "mp2") ||
\ (RightStr(projectfile, 2) == "ts") || (RightStr(projectfile, 2) == "bs") ||
\ (RightStr(projectfile, 3) == "ves") || (RightStr(projectfile, 3) == "ssg") ||
\ (RightStr(projectfile, 3) == "vro") ) ? m2vDir + "m2v.vfp" : ""
Assert(vfp_path != "", "未対応の形式です。")
LoadVFAPIPlugin(vfp_path, "_VFAPISource")
clip = _VFAPISource(projectfile)
clip = clip.FlipVertical()
return clip
}

vfapi2.avsの使い方

VFAPIプラグインのディレクトリ指定

まず、VFAPIプラグイン(*.vfp)があるディレクトリを指定します。

  • tprDir: TMPGEnc.VFPのディレクトリ。
  • qprDir: QTReader.vfpのディレクトリ。
  • sprDir: CSTR.VFPのディレクトリ。
  • aupDir: aviutl.vfpのディレクトリ。
  • d2vDir: DVD2AVI.vfpのディレクトリ。
  • m2vDir: m2v.vfpのディレクトリ。

使用しないプラグインに関しては、そのままにしておいても問題はないでしょう。

なお、各VFAPIプラグインの入手先などについては、下の対応形式一覧を参考にしてください。

使用例

vfapi2.avsをスクリプト内でインポート(Import)し、VFAPISourceという関数で*.tpr, *.aup等のプロジェクトファイルやMPEG-2ファイルなどを読み込みます。

Import("vfapi2.avs")
VFAPISource("hoge.aup")

対応形式一覧

vfapi2.avsでは、TMPGEnc.vfp、aviutl.vfp、DVD2AVI.vfp、m2v.vfp、QTReader.vfp、CSTR.VFPの6つのVFAPIプラグインに対応しています。
それぞれ、以下に記載されている拡張子のファイルを読み込むことができます。*2

なお、ここに記載している拡張子は、vfapi2.avsで定義されているものです。
各ソフトウェア(プログラム)が実際に対応している拡張子とは異なる可能性があります。


*1 vfapi.avsは、現在、入手不可。
*2 別途、ソフトウェアやVFAPIプラグインのインストールが必要となります。

最終更新日時: 2005-02-12 (土) 02:48:58 (5418d)